« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

連休初日

       2009年4月30日(木)

         けふのうた

風もなく澄み渡りたる空の下夫は畑に寛ぎをらむ

「休み中は何時に起きようと自由だからね」

ありがた~いお言葉で目覚ましをセットしないで迎えた朝は遠く地下室の引戸の音で目覚めた。

ええ?もう外にいるの?

夫は早朝散歩らしい。

腕の中のおにいちゃんのかわいい寝顔を見てまた眠りに落ちた。

しばらくしてTVの音に驚いておにいちゃんが布団から出たので仕方なく私も起きた。

やっぱり好きなだけなんて寝てられないじゃないのぉ~。

お天気は最高。

朝ご飯を食べながら夫は早くも畑仕事に行きたくてうずうずしている。

私はといえば前日刻んで塩漬けしたピクルスの材料を煮て瓶詰めしなくちゃ。

ピクルスは我が家の朝の必需品だが少なくなってケチっていたら、

「最近の朝ごはん、いまひとつだね」

と指摘されたので、きゅうりの特売にあわせて重い腰を上げて作った。

中ビンで6個、これでひとまずは安心。

我が家のきゅうりが取れるまではもつだろう。

午後は買い物に付き合って夫は満足の連休第1日目終了。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インフルエンザと狸

       2009年4月29日(水)

          けふのうた

明日から長期休暇となる夕べ夫はしゃぎて妻は落ち込む

新型インフルエンザの世界的流行が危ぶまれる状況に、先を読む夫からは早速

  「医療用マスクを急いで用意するように」

とのお達し。

歯医者の帰りに大型ショッピングセンター内の薬局に行くと残り8枚しかないというので買い占めてきた。

インフルエンザの予防なのか花粉症の予防なのか、それとも単なる気のせいかマスクの人が目に付く。

まあ、私は半隔離状態だからそんなに心配もしていないが・・・。

インフルエンザといえば株は素早く反応しく、医薬品、繊維株が急騰。

私も一つ買ってみたが少し上がればすぐ売りたくなる堪え性のなさが災いして、ささやかな儲けで売ってしまった。

終わってみればストップ高で○万円の儲け損ね。

これぞ捕らぬ狸の・・・・?

今日から我が家は8連休。

私にはインフルエンザよりこっちのほうが

 コ ワ イ ヨ~~ ( ̄Д ̄;;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おっかちゃん

      2009年4月28日(火)

        けふのうた

いそがしく散りてゆきたり桜花幸ひなるは霜に遭はざる

今日4月28日は2年前に逝った

「おっかちゃんの三回忌」

でっぷりした体形でおっかさんという感じのネコだったので「おっかちゃん」

8年前の秋、近くのアパートのベランダの下で3匹の子猫を生んだ。(一番元気のよい女の子はいつの間にかいなくなった)

子猫たちが成長して母乳から餌を食べるようになりその存在が分かったころは秋たけなわ。飼うつもりだったのか、保健所に送るつもりだったのか、近所の人が網を持って追いかけたが、チョックラチョイとは捕まらず諦めた。

そのうち秋も深まり餌もなくなる頃、夫が口いっぱいにバッタをくわえたおっかちゃんに出会い、そのけなげさに負けた。

冬を前に「暖房ネコ小屋」を作り一冬玄関先で過ごした。

狭い小屋では子供たちを奥に置き自分は寒い風の入る入り口にいる姿に感心したものだ。

冬を越しようやく暖かくなった4月、まずたんちゃんが交通事故に遭い手術の甲斐なく立てなくなった。続いて7月にはおにいちゃんも。2ヶ月入院安静状態で家に入れることになった。

おっかちゃんも入れようとしたが「子供二人がお世話になったうえに自分までは」・・・と遠慮したのか死ぬ1年前まで入らなかった。

最期はネコエイズになり静かに息を引き取った。

母親の鏡のような「おっかちゃん」だった。合掌

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タマ遊び

       2009年4月27日(月)

          けふのうた

常なれば満開桜に球追ふに葉桜越しの浅間白雪

昨日はご近所さんと朝からタマ遊び。

といってもいたって健康的な区の春の恒例行事

  班別対抗ソフトボール大会

我が家は30年ほど前に分譲された住宅地なので今では高齢化が進み子供たちも一番若い子が高校2年生。

最近は皆さん足腰が弱り勝つことより早く負けて宴会をと選手応援一丸となって1回戦負けを目指す。

今年もクジ運よく9時半プレーボール。これで負けるとお昼にかけてちょうどよい宴会時間となる。

私はいつまでたっても若い方なので毎年ピッチャーを仰せつかる。

去年は五十肩ではじめての欠場だったが、幸い筋トレのおかげか回復しふたたび投げた。

さすがに年に一度ではコントロールも定まらず、おまけに軽いタマなので芯に当たればホームラン連発で1回裏ではや6点。

結局11対5で予定通り敗退して恒例のバーべキュー大会となった。

前日の雨は上がったが強風で紙コップや紙皿が飛ばされ、おちおち食べたり飲んだりもしていられない有様、それでも砂埃が舞わないだけありがたかった。

そのあと夕方気の合った仲間とカラオケに繰り出し4時間歌いまくり。

帰ってきたらすでに夫は眠っていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春のキノコ

Cocolog_oekaki_2009_04_23_11_50

       2009年4月26日(日)

          けふのうた

散り敷ける桜花びら雨にぬれ色なお深く生きてあるごと

ちょっと変わったキノコでしょう?

正式名称マルアミガサタケ(頭が丸いから、とがったのはトガリアミガサタケ)

お友達がウドを下さるというので行ったらウドのところに出たキノコだという。

普通のキノコとだいぶ違うが西洋では食べられているものだとか。

1本しかないので私がこっそりお昼にバター炒めにしていただいた。

夫は慎重派なので大丈夫と言っても絶対食べないだろうから。

味はバターとおしょうゆの味だったが食感はバッチリ。1本しかないのが残念だった。

信州に来てキノコの種類の多さにビックリ。

秋になると散歩がてら林に入るとすぐ採れる。

20年ほど前はまだ林もいっぱいあって、採ることが楽しくて食べきれないほど採ってしまい瓶詰めにしたが、結局あまり食べなかったので旬の時期にいただけるだけにした。

春のキノコといえば以前ハルシメジを山桜の下で見つけた。

そのとき知識はなかったがきっと食べられると思い採った。

私の勘は結構当たる。おかげで初めてのキノコでも一度もあたったことはない。

でも過信するとそのうち

大当たりー!!な~んてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花切り人

            2009年4月25日(土)

               けふのうた

しがらみを離れ自由を得るときは散りてのちなり桜の花も

数日前、桜は今日が最高という日、ひさしぶりに自転車で出かけた。

以前なら歩いて出かけたが最近気力が薄れた。

公園の近くの別荘に住むおばさまの家を訪ねると白スミレが一面広がっている。

よく見ると芯はほんのり紫色。

感嘆の声を上げて眺めていると、壁に貼り紙がある。

近づいてみると

「水仙を切った方それで気がすみましたか?・・・・」

どうやら誰かが故意に切り倒して行ったらしく水仙が一株無残に萎れていた。

不正を見過ごせない方なので抗議の意味も込めて水仙をそのままにして貼り紙をしたらしい。

数日後、メールが入り、どうやら犯人が見つかったらしい。

水仙が切られてからチューリップがやられ、ヒヤシンスやムスカリの根元も掘られ、そこにネコが・・・

どうやら犯人は野良猫らしい。

「餌をおいてやらないからおなかが空いて球根まで掘って食べようとしたのかしら・・・」

学童疎開で空腹の辛さを味わったおばさまは同情しきり。

猫が球根を食べるという話は聞いたことないなあ。

  おしっこでもしようとしたのか・・・

  モグラ穴でも見つけたのか・・・

  ホントに腹ペコで球根まで食べようとしたのか・・・

まあ真相はネコに聞いてみなくちゃわからないが、

ともかくもネコに貼り紙は読めないだろうと掲示は取り下げ

この騒動は一件落着と相成った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

糖トモ

         2009年4月24日(金)

           けふのうた

昨夜(よべ)の雨に散り初めにしか桜花最期を飾れこの青空に

老化シリーズ第?弾。

月1の定期検査のつもりで歯医者に行くと壁のインフォメーションに舌癌の記事。

そういえば数ヶ月前から舌の右側面に明らかに普通じゃないふくらみがあるんだった。

見つけたときにはちょっと気になったけど特に支障がないのでそのうち意識しなくなった。

「特に気になることは?」

とドクターが訊くので実は・・・と診てもらった。

今は左でしか噛めないので右の噛みあわせが緩んで常時舌を軽く噛んだ状態になっているのが原因らしい。

噛み合わせを直してそれでも治らなかったら総合病院へ行きなさい・・・

ということで一気に3本削られた。

この歯医者さん、5月から日・月曜休診になるという。

ドクターは車好き。土曜の午後から遠くへ出かけ、日曜の夜遅く帰ってきて月曜の朝からの仕事がきつくなったらしい。

「先生何年生まれ?」

と訊くと私より2歳若い。

でもそろそろ老化を意識する年よね。

それに糖尿友達だしね。

ところで糖尿友達って短縮すると糖トモ

尿トモはちょっとねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

視力聴力

       2009年4月23日(木)

         けふのうた

満開を過ぎし桜に交代を急かすがごとく春の雨降る

最近頓に視力が落ちた。

テレビはぼんやりで大きな字も読みづらい。

今までは運転以外普段の生活にはメガネをかけなかったがもうそろそろ諦めなくてはいけないようだ。

私の老化現象は歯、目、耳の順らしい。

歯は数年前突然ガタが来た。以来定期的に医者通いが続く。

目のほうは世の中全体紗がかかっている感じ。

細かい埃が見えないので掃除嫌いな私には好都合?

シワが見えないのもいい。結構すべすべじゃんと思って悦に入っていたが

メガネをかけて愕然!!

私以外の人はこんなシワだらけの私を見ているんだ。

年取って見えにくくなるのも聞こえづらくなるのも、世の中の汚いものを見たり聞いたりしなくてもよくなることだとか。

まあ負け惜しみとも諦めともいえるが・・・。

でも年を取ってもみんなと同じものを見、同じ音を聞いていたい。

もちろん同じものも食べたいが

これはもうとっくに諦めた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トウが立つ

        2009年4月22日(水)

           けふのうた

地味なれど花は花なり薹立ちて蕾のぞかす庭のプチヴェール

我が家の裏に遅れて顔を出した蕗の薹も首を伸ばして花が咲いた。

冬の野菜は花をつけるべくいっせいにトウ立ちし始めた。

こうなると普通は食べないのだろうが我が家では旬。

特にほうれん草の伸びた茎のシャキシャキ感がたまらない。

伸びすぎると木になって硬くなるのですこしトウが立った頃がおいしい。

ゆでて炒め物、和え物、サラダに。

去年初めてのプチヴェールも春先にかわいい塊を楽しんだが、食べ切れなかったものはトウが立ち出した。

正確に数えはしないが1本の木から100個くらいは取れるんじゃないかしら。

4本しか作らなかったが高原では真冬は成長しないので春先から食べだすと食べきらないうちにトウが立ってしまった。

硬いかなあと心配しながら食べてみたら、これまた程よい食感で甘みもありスティックブロッコリーのようだ。

これなら多少収穫が遅れても無駄にすることはない。

野菜は若いときが最高だろうけど少しくらいトウが立ったっておいしくいただける。

オバサンだって・・・ねえ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひとこと

           2009年4月21日(火)

              けふのうた

満開のけふを限りと眺めつつそぞろ歩けば一陣の風

春眠暁を覚えず。

寝る前に外に出したはなぴーがなかなか帰らず、ガラス戸をカリカリして帰宅を教えたのは3時。

その間少しは寝たが明け方ようやくトロトロした。

こんな調子だから気分も盛り上がらない。

わたしの落ち込みに反しツレはこのところ上り調子。

春の農作業がいよいよ始まったから。

すでに1週間前にジャガイモは伏せ冬菜の畑をおこして芽出しハウスを設置。

地温計を新たに買い足して計測に余念がない。

興味関心が違うので発する言葉も当然違うが、どちらもそれに合わせようとしないので会話として成立せず独り言をしゃべっているよう。

これがわれら夫婦のあり方と思えばそれもまたよしか。

朝たった一つ話が通じたのは

「私っていい奥さんかな」「そんなこと訊かない女(ひと)がいい奥さんさ」

という新聞の短歌を読んであげたら

「そうだな」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春愁

       2009年4月20日(月)

         けふのうた

咲きたくる万朶の桜誘へども心いつしか吉野に向かふ

春遅い信州の高原もようやく桜の季節になった。

只今真っ盛り。

梅はさすがに散ったが桃も三つ葉ツツジも連翹も一斉開花。

春の陽射しに燃え立つようだ。

だが私の心ははさほど浮き立たない。

以前はいったん庭に出ると飽きずに花を眺めて仕事にならなかったのが、今年は庭に出ても長くいることはない。

なぜか今までと違う。

心が沈んだまま沸き立つものがないのだ。

わが人生もたそがれかかってきたということなのか。

それとも・・・ウツ?

こんなにも心静かな春は初めて。

寝ながら「西行」なんか読んでいるせい?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

父の苦悩

       2009年4月19日(日)

         けふのうた

満開の桜トンネル見上げつつそぞろ歩きの春の宵闇

お陰様で父は病院から退院勧告されるほど回復し帰宅して10日あまり、自分で運転して動けるくらいになった。

先週は見舞いの予定が退院祝いになった。

予期せぬ病での手術と長期入院で必然的に考えることは残り少なくなった人生をいかに片をつけていくかになったらしい。

「オレは人の2倍働いた」というのが自慢で、受け継いだ田を増やし思うような家も建てた。

その上、母と二人90歳までは十分生きられる?ほどのお金を貯めたらしい。

だが楽隠居生活をともに楽しむはずだった母は先に逝き父の人生ではじめて計画が狂った。

もちろん父の努力は認めるが、それを支え平均寿命より20年も早く逝った母の思いはどうだったのだろうと聞いてみたいと思うこともある。

そして一人になり人生のゴールを意識するようになった父の最大の関心事は築いた財産をどうするかに移った。

退院祝いの席で口にしたのは

「相続で世間にみっともないようなことはしないでくれよ」

そうならないようにご自分でしっかり決めておくことが人生のりっぱな締めくくりだと思うが、

それもなかなか難しいらしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

瞑目

       2009年4月18日(土)

         けふのうた

春雨にけぶる遠山やや近き落葉松林の新芽は萌ゆる

昨日の朝は眠かったあ。

雨と明け方のおにいちゃんの「出せ出せ攻撃」による。

夫の出勤後PCを開けてブログチェック。

ブログ「西紅柿日記」のコメントを楽しむ。

西紅柿さんはうちと同じで夫婦ふたりきりだが、うちと違って会話のはずむご夫婦なのだ。

ボケとツッコミがその時々に入れかわり実に楽しそう。

これぞわが理想の夫婦?

今回も楽しい会話のお話だったが、亭主の口下手を嘆く私のコメントに

「人にもよるけど、言う側も、言われる側も・・・」という返コメ。

たしかに・・・・

夫はもともとそういう性格ではないのだから、ないものねだりの私が悪い?

それぞれの夫婦のあり方があるのだから型にはめることはないのだ。

とは思えど、相手の反応に苛立ちついつい口調が攻撃的で皮肉っぽくになってしまう。

相手は漫才のような会話を求めてはいないんだから結局私の一方的な苛立ちなのだ。

当たり障りのないお天気やネコの話でもしていれば穏やかな日々なのだろうが・・・

20年経って薄目を開けてみたけど・・・やっぱり

   また瞑ろう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最後のママレード

       2009年4月17日(金)

          けふのうた

透きとほるマーマレードはすがやかに初夏の香りを厨に満たす

今年もお隣さんから夏みかんをいただいた。

ご親戚が30数年前に食べたものの種から育てたという無農薬夏みかん。

チョー酸っぱいがジューシーでママレードに最適。

毎年楽しませていただいている。

昨シーズンはせっかくたくさんいただいたのに、上のほうだけ見ていてまだまだと思っているうちに焦がしてしまい・・・(。>0<。)

色も輝くみかん色というより濃いオレンジ色・・・(ρ_;)

届いたばかりという大きな夏みかんはもう取ってくださる方も老齢化して危ないというので今年で最後になるかもという言葉が添えられた。

それではなおのこと失敗は許されない。

久々に包丁を研ぎ、できるだけ皮を薄く切って、実と一緒に砂糖をまぶして一晩置いた。

朝からコトコト煮てきれいなきれいなママレードができた。

これからの季節ヨーグルトに添えていただくと最高!!

味わっていただきま~す。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タイトルの力

        2009年4月16日(木)

          けふのうた

春の日をひねもす降りし雨上がり落葉松の芽のぷくと膨らむ

「ねこやしき」を開いて1年3ヶ月。

書き続けるのが目的で少しでも読んでくださる方がいればラッキー!というくらいなので訪問者数は気にしなかった。

ところがここに来て一気に・・・といっても元が少ないから大したことはないが

  増えた!

検索ワードを見ると「おばさん(の)ヌード」がダントツで3月24日の「おばさんのヌード」に入ってくる。

恐る恐るクリックしてみると・・・予想通り?というか以上というか、過激なタイトルが並ぶサイト。こわいので引き返してきた。

こんなブログでも毎日タイトルをつけるときちょっと悩む。

ありふれたタイトルじゃ読む気も起きないし、「オヤ?何だろう」と思ってもらいたいじゃない?

読んだら「な~んだ」というギャップも楽しいしぃ~。

ということで付けたのが「おばさんのヌード」

ちょっと刺激が強すぎたようで世のスケベ男(女)を誘惑?してしまったらしい。

こちらの思う壺だけど、来てみたら期待した?ような写真もない地味なオバサンのブログじゃ読まずにさっさとさよならされているんだろうなあ・・・

せっかくだからサービスにはなぴーの色っぽい寝姿でもお付けしようかしら?

中身は大したことないんだからせめてタイトルくらい

  加油!(がんばるぞー!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

転ばぬ先の

     2009年4月15日(水)

       けふのうた

しっとりと春の雨降り木も草も瑞々しきを慕わしく眺む

はなぴー吐瀉騒動のその後。

3月末から先週までほぼ毎日のように吐き、シーツや布団カバーの大物洗濯の連続だった。

2・3日続けて吐かないのでやれやれと思っていたら日曜日に帰ってきた直後またやられた。

父の看病で私がいたりいなかったりで不安感を与えたのが最大の原因だと思うが、もしやと月曜日に病院に連れて行った。

簡単な血液検査では白血球が正常範囲ながら少し高め位でさしたる異常は見られず、抗生物質の注射と吐き気止めを処方された。

吐き気止めは5・6時間しか効かないので夜中に飲ませるようにといわれたのに忘れて眠ってしまったが幸い事なきを得た。

注射で元気が出たのか翌朝旺盛な食欲を見せたので、これを吐かれてはとあわてて薬を飲ませた。

昨日からお天気は下り坂、大物洗濯はしばらくできそうもないから

   転ばぬ先の杖

日・月と久しぶりに寝室で寝たが月曜の夜中、はなぴーの「出せ出せ攻撃」で起こされたうえ隣のいびきで寝付かれず・・・・再び居間へ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結婚記念日

       2009年4月14日(火)

         けふのうた

ハレの日は晴れてありしに時過ぎて空も怪しき結婚記念日

今日は24回目の結婚記念日。

結婚に夢を持たない変わった女の子だったので夫には悪いが・・・「両目瞑って清水の舞台からの飛び降り婚」???

いささか賢くなかったかな?

法律上の結婚記念日は3月7日。30歳の誕生日の1週間前。

三十の花嫁よりも二十代の花嫁が欲しかったのか、私を二十代の花嫁にしてあげたいという深~い愛?なのか、知らないうちに籍が入っていた。

おかげでパスポートを取る時書類の変更が大変だったんだあー!!

と毎年記念日に言う。

結婚すると女性が姓を変えるのが当然(私も)という慣習にはじめて疑問を覚えた。

なんだか悔しくてしばらくは郵便受けに旧姓を掲げていたがその文字もいつしか消えた。

もし離婚しても姓はもうこのまま。だってまた変えるの面倒だもん。

きょうは近くの諏訪神社の春祭り。

夕方境内に屋台が出るから記念日の夕食は焼きそば、焼き鳥、イカ焼きと豪勢だぞ!!

調べたら24周年記念なんて名前もない。全部に名前がついているものとばかり思っていたら毎年名前があるのは20周年まで、あとは5年刻み。

20年過ぎれば夫婦の結びつきもしっかりすると世間は高をくくっているのだろうが、

最近はこのあたりからが

   ア・ブ・ナ・イ!!

きのうブログ仲間の紹介でWeb神社のおみくじを引いた。

      ” 吉 ”

縁談:苦労するとも末は見込みあり、辛抱すべし。

    やっぱり 辛抱かあ~ (ρ_;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

魚沼の桜

       2009年4月13日(月)

         けふのうた

夕闇に妖しく匂ふ桜花逝きたるものの魂も迷わむ

2週間ぶりにふるさとに行って来た。

父の見舞いのつもりだったがすでに退院したというので退院祝いということに。

慣れた上信越道は峠を下りると梅から辛夷・桜も盛りを過ぎ、山の木々は淡い芽吹きに変わっていた。

春を満喫しながら関越に入り北上すると満開の桜に菜の花・連翹の黄色が映えて心うきうき、ついアクセルをふかしてしまい時速120キロくらいでぶっ飛ばした。

関越トンネルを出ると雪国も思った以上に季節が進んでいて柳の芽吹きも始まり桜も咲いていてビックリ。

信州の高原はやっと梅が満開だからやはり違う。でも20年位前は桜はほぼ同じ時期だったのになあ・・・

八海山の雪もずいぶん消え、山で一番早い尾根のブナが緑になっていた。

実家の裏のお墓の桜はソメイヨシノではないので桜色も濃く夕闇の中で妖しく咲いていた。

きのうお昼前に散歩に行くと薄紫のキクザキイチゲ?(一輪草?)ショウジョウバカマもひそやかに咲いていた。

法音寺の鐘撞き堂のそばではおばあちゃんたち(同級生のお母さんたち)がお花見しながらおしゃべりしているのに混ぜてもらってふるさとの春を味わってきた。

父はずいぶん元気になって土曜日には夜中の2時までおしゃべりに付き合わされ、ドライブの疲れも加わって・・・・

ああ~ (=´Д`=)ゞ 眠い~~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カメラ回さば

          2009年4月12日(日)

            けふのうた

あとはただチューリップを待つだけとなりし小庭に春光溢る

昨日の続き。

金曜日のNHKスペシャルで「象徴天皇・素顔の記録」が放映された。

日本でたった一人、特殊な状況に生まれた方なので、背負われている歴史の重みもわれわれの想像をはるかに越えているだろう。

そういう状況を謙虚に誠実に生きてこられた75年の人生のうち、2/3をともに歩んでくれた美智子様への愛と感謝の思いが伝わってきて感動した。

「オレも見るよ」と珍しく言った夫だがやはり途中からお風呂に入った。

お風呂から出てきたのはもう番組も終盤のころ。

皇居の庭を散策して天皇が美智子様のために土筆を摘んでいる場面だった。

お二人とも自然体のいい笑顔に

「いいわねえ。天皇さんってなんてやさしいの」

というと

「オレだってカメラが回っていれば思ってることみんな言うよ」

「えっ?」

思いもよらぬ反応に、すぐ悪いほうへ考えるひねくれ妻は肝心の言葉を聞きそびれてしまった。

そこで機転を利かせて

「ハイ、カメラ回ってます~」

って言ったら、どんな言葉が聞けたんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの涙

       2009年4月11日(土)

         けふのうた

雪消えし浅間の煙薄らぎて裾野の畑はレタス苗満つ

4月10日は天皇皇后両陛下結婚50周年記念日。

天皇制にはいささかの異見を持つがご夫妻の姿はいつも尊敬の思いでながめる。

新聞で会見の内容を読んだあとTVでその様子が流れた。

感極まって声を詰まらせる天皇。50年間手を携え幾多の困難を乗り越えた夫婦の姿に思わず涙が溢れた。

そういう私を見て

「何泣いてんだよ」

       「この夫婦に感動しないの?」

「泣くほどかよ」

      「妻の気持なんて気にしないのね。たまには私のブログ覗いてみたら?」

「そんな暇ないよ」

      「この涙はそういうあなたへの涙よ」

私たちは天皇ご夫妻のように何でも話し合うということが苦手で思いを内に秘めるタイプ。

天皇は誠実で真面目で完ぺき主義者だそうだが、それを柔らかく包んでくれるのが美智子様の明るさとやさしさだという。

それをいうと

誠実で真面目で完ぺき主義の夫は

「うちの奥さんはいつも怒ってるからな」

ヒネた夫と文句タレの妻も来年は銀婚式のはず。

そのときの賞状は

   「お互い我慢したで賞」 もらえるのかな?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どっちもどっち

          2009年4月10日(金)

            けふのうた

梅の香に沈丁花の香混じりあひ君恋しやも春の夕暮れ

はなぴーは元の生活に戻って安心したのか夫の布団で気持ちよく寝たらしい。

おまけにおにいちゃんまで夜中に顔を出して夫の寝不足生活復活。

まあ、ご自分で決めたこととて同情せず、

夜中にはなぴーが下りてきたらしいが、それに気付くほど繊細な神経持ち合わせず、

今読んでいる本がいまひとつで夜更かしもせず、

  快適な睡眠生活~(* ̄ー ̄*)

そ~れな~のに、それなのに~

朝から気分ワル~ (# ̄З ̄)

夫の起床は5時45分、私は6時過ぎと決まっていた。

そ~れな~のに、それなのに~

ストーブのタイマーと夫の足音で強制的に目覚めさせられる。

まあ100歩譲ってそれはイイ。

だが今朝は・・・・

私の最大関心事はご飯の支度。

我が家は食べ終りが6時30分を1秒でも超過してはいけない。

きのうは目を瞑ってもできる定番ではなく、前日ランチしたイタリアンのお店で買ったピザ生地パンだったので、気が急いたのか起きてすぐご飯の支度に取り掛かってしまった。

布団を背にしていて目に入ってはいない夫が食べおわると

「布団あげたらどうだ」

これからやろうと思ってたのにぃ~カチッ!

「どうしてそう先先って言うの。やろうとする気がそがれるじゃない!」

すぐに反発する私もヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

負けた!

       2009年4月9日(木)

         けふのうた

満開の桜の下に佇まば薄紅色に溶けて消えなむ

負けちゃったあーっ!

ついにはなぴーはご飯を食べなくなり昨日吐いたものは水だけだった。

ご飯を食べないというのは夫にとっては致命的で、とうとうというかやっぱりというか寝室で一緒に眠る生活に戻った。

布団に吐かなければ大した問題もないので、これからは頻繁に様子を見ることにした。

「今度布団を汚したらあなたが洗うのよ!!」

と一応夫に釘を刺しておいた。

本当ははなぴーがゆったり落ち着いて眠れるのが一番なんだからこれでよいのだ。

ご飯も食べられなくなるほど神経質になられちゃやっぱり負けちゃうよね。

こんな一貫性のない意志薄弱な親じゃとても子供なんてまともに育てられなかっただろう。

子供のないのは神様のご配慮?

はなぴーは戻っても私はしばらくこのまま。

「下に来て眠るかもしれないから」という理由だが実は

  このほうが快適~~( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心の波

        2009年4月8日(水)

          けふのうた

うららかな春の光もまぶしくて一人静かにキーを打ちゐる

昨日の私は大波小波。

午前中お客さんと話をしたあと自己嫌悪に陥って泣きたくなるほど気分が落ち込んだ。

午後は出かける予定があったがぐずぐずしていると電話。

出ると遠くから人の声。セールスだと思って留守電にした。

するとすぐに友達からメッセージが入った。

あわてて電話して詫び、いろいろ話しているうちに落ち込んだ気分が次第に消えていった。

今日は二人の人と話をしたが話す相手によってこうも気持が違うものか。

女の相談は答えを求めているのではなく、ただただ話を聞いて共感して貰いたいのだ。

特に今の私はそうだ。意見も示唆もいらない。

毎日目の前にいる人には話しても成り行きは見えているから話す気も起こらない。

たぶんに性格もあろうが

更年期症状からくる軽いウツかもしれない?

午後ショッピングに行ったら少し気分が軽くなった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

根競べ

       2009年4月7日(火)

        けふのうた

近づけば退きてまた寄る二羽雀やがて仲良く飛び立ちにけり

はなぴー騒動から1週間、今のところ1回の粗相で済んでいるが、私の居間での寝起きは続いている。

はなぴーにはよくよく話してあげる?のだが突然の生活環境の変化にはまだ納得がいかないようだ。

外遊びから帰ってくるとまっすぐ階段を駆け上がる癖はそのまま。

かわいそうな気もするがそこは踏ん張って・・・と冷たい?性格の私は大丈夫だが

「かわいそう」が好きな夫は自分が締め出されたように思うのか辛そうだ。

日曜日の夜はついに

「ママがお風呂から出て寝るまで・・・」といって抱いて2階に上がって行った。

「寝るときは声を掛けて」というので行ってみれば夫はグースカ、はなぴーも気持ちよさそうに夫の布団の上で寝ている。

そのままにしておこうかとも思ったが心を鬼にして抱いて下りた。

始めは私の布団の上にいたが明け方みるとピアノ椅子の下のベッドでキョトキョト。

夫の出勤と一緒に外に出て草を食べたというからきっと吐くぞと覚悟していたら・・・

案の定、私とひと遊びして眠っていると思ったらゲホという音。あわててフローリングの所へ連れていったので大事には至らなかったが・・・

  やっぱり下に置かねば!

と鬼母は誓う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春耕

     2009年4月6日(月)

       けふのうた

紫のジャガイモの花咲く夏を心待ちして春耕の季

昨日は地区の春の環境整備、昔の道普請。

これから始まる農作業のために道を直したり、水路を整備したりする。

うちの班は農家は少ないので通学路の清掃が主で1時間程度で終わる。

9時過ぎに夫が帰ってきたので我が家も農作業開始。

真っ先にすることは種の用意。その中でも大事なのはジャガイモの種芋確保。

例年庭の畑に伏せ少し芽を出してから山の畑に蒔く。

去年は3種類作ったが今年はキタアカリと男爵の2種類6キロ。

順調に育つと2人ではとても食べきれないので毎年お友達に分けるのだがそれでも余って芽が出てしまう。

去年から朝食にジャガイモ料理を出すようになってぐっと消費できるようになった。

去年はねぎソースをかけで食べたが今シーズンはそのバリエーションの中華風粉ふき芋をまとめて作っておいて毎朝チンして食べる。

   う ま い!

おかげで順調に減っているが、芽の出るスピードに負けないように食べられるかが喫緊の課題。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

節約

     2009年4月5日(日)

        けふのうた

しとしとと春の雨降る昼下がり人はのんびりネコはまったり

未曽有の不景気、世界的金融危機といわれる昨今。

今ブログでは節約ブームというので覗いてみた。

あるわあるわ。いくつか見てビックリ。

家族4人で食費が月15000円 !!(゚ロ゚屮)屮

我が家の2倍の人数で?それも野菜からお米まで買って?(お米は楽天ポイントでゲットするらし)

    ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

我が家はお米は実家、野菜は夫、お菓子も夫のお小遣い。

私だってそれなりに節約を心がけているつもりなんだけどぉー

それじゃ今日から1品減らそう・・・では節約とはいわん。

豊かに見える食卓で経費を減らしてこそ真の節約。

それには手をかけるしかないな。

手作りは作るほうも食べるほうも心豊かになり、ささやかな箸休めにも笑みが浮ぶというもの。

これぞわが理想の節約 (◎´∀`)ノ

幸い前栽にはプチヴェール、ニラ、浅葱、ほうれん草、

地下室にはジャガイモ、にんじん、白菜、大根、ねぎ・・・

まだまだ出番を待っている野菜がいっぱーい。

  今年はひとつ残らず食べきるぞーっ!

と宣言して、節約の手始めに久しぶりに格安(タダ)美容室F(夫) でカット。

〆て3000円の節約也。

ヤッターッ!と気をよくして回転寿司へ。

   3400円って?・・・(ρ_;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

災い転じて

        2009年4月4日(土)

          けふのうた

箱入りのネコを気使ひあれこれと心くだくも幸せなるや

昨日は新しい生活スタイルになって2度目の朝。

前の夜は以前のように私の布団に入ってしばらくいたらしいが朝になったら自分の新居にいた。

夜中に活動しているらしく1日目は新品の出汁の大袋を破いていた。

それを冷蔵庫に隠したら昨日の朝は出がらしになった小袋をかじっていた。

まあそれくらいは許してあげる寛大な私

これで二日目も無事に済んだゆったり新聞を読んでいたら

    ゲホッ、ゲホッ!

あわてて顔を上げると

  やられたあ~!!

絨毯の上に吐いている。

すぐに処理したのできれいになったが・・・

ついでに久しぶりに絨毯を雑巾がけ。

   これぞ

災い転じて拭くと為す?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はなぴーの新居

        2009年4月3日(金)

          けふのうた

咲き初めし花も凍れり吹き荒るるゆうべの雪に明け方の風

連日連夜の寝具の洗濯にまいって心を鬼にし、はなぴーを寝室に入れないことにした。

となると彼女をどこで寝せるかが問題。

夏ならいいがまだ火の気のないところではかわいそう。

となれば居間でおにいちゃんと一緒以外ない。

たんちゃんがいなくなってから少しずつ二人の距離は近づいており、以前よりは一緒にいる時間は増えた。

お兄ちゃんは仲良くしたいのだが、はなぴーの意に染まぬときはまだ喧嘩になる。

さしあたってベッドをどこにするかと迷った挙句、ピアノの椅子の下に決定。ちょうどいい広さと高さがあり毛布を敷いてカバーで覆うとはなぴー専用の小部屋完成。

新物好きなはなぴーは早速興味津々で意外にあっさり受け入れてくれた。

だが夜になってもここで眠るかは別問題。

当然私たちと眠るものだと思っているはずだから。

そこでしばらくは私がそばで寝ることにした。

いつもなら一緒に2階に行こうと誘うのだが、私がいるので安心したのかそれもなかった。

足元にはおにいちゃん、頭の上にははなぴー。

床暖の余熱といびきの聞こえない静かな環境で私も心地よく眠れた。

はなぴーが慣れるまではしばらくこの状態が続く。

そしてこのまま・・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Oh, My God !

              2009年4月2日(木)

                 けふのうた

いぬねこの世話も子のなき我々に神の与へし仕事なるかな

おとといの夕方、カーテンを閉めようと寝室に入ると

うわっ!やられたあー!

床から布団まではなぴーの吐いたものが飛び散っている。

時々ご飯を食べたあと吐く癖があるのだが最近頻繁だ。

もしかして病気?

もともと神経質でほかのネコとはいられず2階で一人で食事をし、夏は寝室の押入れの専用ベッドで、冬は私たちの布団にもぐりこんで寝る。

以前は床に吐いたがここ2回ほど粗相をして布団を汚された。すぐに気がつけばカバーを洗うだけでいいが昨日はついに布団までしみこんでいた。

羽毛布団は水洗いしてははいけないのだろうがそんなことはいってられない。

こうなると昼間寝室で寝せることも考え直さなくちゃいけないが、神経質な子が安心できる場を奪われてはなおさら参ってしまうかと心配。

たんちゃんのオシメの世話を終えてほっとしたのも束の間、今度ははなぴーに振り回されることになりそう。

でもかわいいから仕方ないか!

と書いて寝室に行ったら

  Oh, My  God!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月1日

          2009年4月1日(水)

            けふのうた

今日から新しき年度始まれり吾には昨日と変わりなけけれど

人間は自然の営みを観察して法則性を見つけ出し暦なるものを編み出した。

古来様々が民族が自分たちの暮らしに根ざした暦を使ってきたが、きょうは

     4 月 1 日

日本人にとっては1月1日と並んで気分の改まる日ということになっている。

30年以上前には私にも新鮮な日だったが今では普通の日。

仕事をせず子供もいないと変化に乏しい日々の連続。

「暇でしょう?一日何してるの?」

と以前はよく聞かれたがお陰様で暇で困ることはない。

暇だからって家事に精出すなんてタマじゃないので、自慢にもならないが外で働いている人より掃除は行き届いていない。

TVはあまり見ないがPCの電源は入りっぱなし。

PC見ながら家事をし休憩はピアノを弾く。

ほとんど1日休憩ということも・・・

なんともわがまま贅沢な時間?

その間夫は拘束され暇でも辛い時間を過ごしているかと思うとチラッと申し訳ない気もするが・・・。

昨日出がけに夫が

「そろそろコタツ片付けたら?」

まだ寒い日もあるのに・・・と思ったら

今日から新年度。

何事もきちんとしている方でして。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »