« 障子張り | トップページ | 雨ニモマケズ »

雪化粧

            2009年10月26日(月)

               けふのうた

谷底より伸びし欅木もみぢして知る人なくも華やぎの季

雪化粧って、もう雪?

実はこれ、カボチャの名前。

皮の色が白っぽいのでちょっとしゃれて「雪化粧」

山の畑の草封じのために毎年カボチャを這わすのだが例年やっと1個食べてあとは腐らせてしまう。

カボチャって切るのが大変なうえ一度に食べきれないし冬越ししないため結果的にそういうことになる。

だが昨年知人からいただいた「雪化粧」がとても美味しくて、今年は夫にお願いして作ってもらった。

ところが運悪く鹿に踏み荒らされ3個しか大きくならなかった。

そのうち熟したらしいのはわずか1個。

あとの2個は途中で茎が踏まれかろうじて生き延びて実ったものなので完熟している保証はなし。

9月26日に収穫した(ちゃんと日付の札付き)のが食べごろになったので切ってみた。

(カボチャは収穫後1ヶ月おくとぐっと美味しくなるとのこと)

貴重な一個なので一気に料理することにした。

1/4は甘煮に、もう1/4はスライスして焼くように、残りの半分はスープに。

どれも美味しかったが特にスープは美味

鹿さん来年は荒らさないでねm(_ _)m

|

« 障子張り | トップページ | 雨ニモマケズ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほほぅ。。。
そんな品種があるのですか!
オラチの南瓜は、生ごみから勝手に生えてきたものを、そのままにしておいたら、やたらゴロゴロできました。^o^;
来年は、巨大カボチャを作ってみたいと思っています。
  
--------------------------------------
カボチャってそういう作り方が一番自然かもね。
食べた後の種だから味も保障つき?(ねこおばさん)

投稿: どてカボチャ | 2009年10月26日 (月) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪化粧:

« 障子張り | トップページ | 雨ニモマケズ »