« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

連休初日

         2010年4月30日(金)

            けふのうた

春の夜の十六夜月に君待ちて満開桜を見上げ佇む

いよいよ始まった連休。

お休みでありがたいのはゆっくり寝ていていいこと。

「好きなだけ寝ていていいよ」

お墨付きが出たので8時まで寝ていた。

起きたらすでに夫の姿はない。

もう山の畑へ?と思っていたら帰ってきた。

手には蕗の薹の入った袋が。

きっと天気図を見て雨の前に採りに行ったのだろう、まもなく雨が降ってきた。

夫はそのままごろんと寝転がって又寝をしている間に私は蕗味噌作り。

寝る前に突然夕食は外食というお達しが出たので急遽夕食用の献立をお昼に。

こうして1週間振り回されるんだろうなあ・・・・┐(´-`)┌

| | コメント (1) | トラックバック (0)

連休前日

        2010年4月29日(木)

           けふのうた

この春を最期と知るや並木道の桜古木は爛漫と咲く

寒くて連休気分もいまひとつだが

夫はうれしい7連休。

妻はキョーフの7連休。

連休前の貴重な晴れの1日をいかに過ごそうかと思っていたら夫が出がけに

「今日は不燃ごみの日だね。連休前だからやっといて」

って不燃ごみはアンタの担当なのにな~んで?

でも、たまにはするかと冬中溜め込んだ埋め立てゴミやダンボールやらを乗せて処分場に。

受付を待っていると古着を抱えたおばさんが・・・ああ、忘れてきちゃった。

と再度処分場に。

帰ってきたら壊れたジャッキが目に入り三度目の搬入。

そういえば畑の小松菜も半分処分するように言われていたっけ。

見渡せば庭の草や落ち葉も気になる。

というわけで普段はやらない雑事にいそしみ

連休前にくったくた~~┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドイツ風

        2010年4月28日(水)

           けふのうた

ひねもすの氷雨に桜寒かろう卯月も残り三日ならんに

珍しくお天気が続いてようやく桜も開いたかと思ったらまたもや冬に逆戻り。

冬といえば

♪いしや~きいも~~~やきいもッ♪

午後は2ヶ月ぶりのピアノレッスン。

時間を有効にとポテトサラダのジャガイモを茹でながら練習。

途中串を挿してみたらもうちょっとなのでそのまま置いた。

どのくらい経ったかそのうちいい匂い。

あら~こんな日に焚き火?

ハッ!として台所へ走ると鍋の水はスッカラカン

焼きジャガの出来上がり~(ρ_;)

こうなりゃソーセージと即席ザワークラウトで

ドイツ風ランチだーーψ(`∇´)ψ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お代わり

        2010年4月27日(火)

           けふのうた

満開の夜桜透かし煌ける街の灯りのひときは妖し

年に1度のピッチャーの後遺症は去年よりきついなあ。

筋トレしてるのに・・・?

でも翌日に痛いのは若い証拠?

日曜日に班長さん宅で遅れて一人宴会をしていると近所の方が筍を持ってきてくれた。

たくさん掘ったのでご近所に配っているのだという。

ちゃんと糠もつけて大小4本。

早速茹で一晩置いてまずは定番

筍ご飯

柔らかくほんのり筍の甘みがあって

その美味しいこと美味しいことヽ(*≧ε≦*)φ

いつもご飯は一膳と決めているのだがどうしてももっと食べたい~

何年ぶりかのお代わりをしてしまった~(*´σー`)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

投げまくり歌いまくり

       2010年4月26日(月)

          けふのうた

水面には鴨の番が 池巡る道の若者手をつなぎゆく

お天気最高、桜5分咲きの日曜日。

区の班対抗ソフトボール大会。

わがチームもいつの間にか平均年齢60歳を越え皆さん勝つ気はない。

球技が苦手なワタシがピッチャーをやっているのは永遠に若手だから。

そしてよく打たれるから。

1試合で負けるとその後宴会するのに時間的に都合がいいのだ。

ところが今年は第1試合で9時半に終わってしまい、さすがにすぐに宴会といかなかった。

だがワタシには好都合。

10時からのゴスペルの会に間に合う。

思いっきり歌って帰ってきたら宴会はお開きになったところ。

でも班長さんが待っていてくれて比内地鶏の特製きりたんぽ汁をご馳走になった。

そして5時からいつもの歌仲間とカラオケ三昧。

連休前の楽しい1日。

でも今朝は全身が痛~~い(。>0<。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お母さん

     2010年4月25日(日)

        けふのうた

入日さす桜天蓋の隙間よりはつか覗けり白き半月

母シリーズ第2弾?

遠近両用眼鏡に変えて2週間。

よく見えるがはずしたときの落差が大きくてもはや常時かけていなくてはならない。

先日眼鏡屋さんがその後の様子を見に訪ねてくれた。

お母さん、具合はどうですか?」

カチッ凸(`、´X)!(笑いながら)

「おかげさまでよく見えるわ」

お母さん、おいくつですか?」

ムカッ(*`ε´*)ノ!!笑いながら)

「50半ばだけど・・・」

あのねえ、私の名前が分かるんだから名前で呼んでよね。

あたしゃあんたを生んだ覚えはないんだからっ!!

と怒りながらも動物病院で

「お母さん」

と呼ばると嬉しい私って・・・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

母はパパだった

       2010年4月24日(土)

          けふのうた

冬かとぞ紛ふばかりの雨なれどしかと花増す枝垂桜は

珍しくTVを遅くまで見た。

夜のチャンネル主導権を持つ夫は毎晩ニュース、天気予報のはしごでドラマなどめったにお目にかかれない。

そんな夫もこのところめっきり早寝早起き老人ライフ。

おかげでやっと面白そうな番組を見られるようになった。

9時からのドラマを見終わってチャンネルを回すと言葉を取り上げた番組をやっていた。

その中で言語学の講義できいた

「母はパパだった」

を取り上げていた。

今のハ行の音は平安の頃はファ行で発音されもっと遡るとパ行だったという。

沖縄地方にはまだその名残があり

ひるま(昼間)ぴる~ま

へ(屁)

(沖縄方言ではエ段はイ段に)

言葉って面白いなあ。

ところで現代は違う意味

「やっぱり母はパパだった?」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心境の変化?

        2010年4月23日(金)

          けふのうた

やうやくに膨らむ蕾に氷雨降るせめて心に桜咲かさむ

本州でもこのあたりだけ残して北上していく桜前線がようやく高原に上ってきた。

と思ったらサブーーッ!!

雨と風の荒れ模様なのでいつもは徒歩出勤の夫に

「送っていこうか?」

「いいよ」

「あらそう?」

いつもはここで終わるのだがなぜかもう一押し

「いやなの?」

「そりゃ、ありがたいけど」

「じゃあ送るわ」

親切の押し売り

どういう心境の変化?ワタシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イメージ

         2010年4月22日(木)

           けふのうた

しっとりと濡れたる畑に点々と並ぶ小苗は夏キャベツなり

年に1度のゴミ当番を忘れるという大チョンボの日は月に1度のオバサマのお宅訪問日。

お昼にお赤飯を炊き鯛を煮て待っていてくれた。

実はオバサマ1週間入院して退院してきたばかり。

こちらがお祝いしなくちゃいけないのに・・・

いつも甘えてばっかりで気が効かないことはなはだしい。

入院中の話やら1ヶ月の間の積もる話の中で面白いことがあった。

前の週に味噌カツ丼を食べに行く途中蕗の薹のおすそ分けに寄ったのだが

そのときオバサマ内心ドキッ!!としたらしい。

あら?一緒のにこやかな男性は・・・

もしかして・・・

ボーイフレンドーー!?

いつもわたしの一方的な話で夫のイメージを作り上げていたオバサマ

露にも夫だと思わなかったらしい。

それほど私は夫の悪口を言いまくっていたってこと?

だよね(*_ _)人ゴメンナサイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついに・・・

       2010年4月21日(水)

         けふのうた

春遅き浅間中腹林道を横切り消ゆるやまどり一羽

普通のオタクの朝は忙しいが我が家は結構ゆったり。

朝ごはんは前夜用意してあるからワタシが起きると早起きの夫はもう食べ終わっている。

7時15分過ぎに夫を送り出すとすぐにPCのスイッチON.。

ところが昨日は想定外のことが加わり気忙しい朝だった。

着替えているとお隣のおじさんの声。

「きょうはゴミ当番じゃなかったんかい?」

ヒェー---ッ!!

忘れてたあー!!(゚ロ゚屮)屮

お隣から受け取ったノートと鍵を片付けると同時に頭からすっかり消し去ってしまった。

もちろんカレンダーには記入したんだけど・・・

そのカレンダーを見ることを忘れちゃったあー!!

ついにここまで来たか(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

野菜高騰

       2010年4月20日(火)

         けふのうた

やうやくに桜前線届きたり八百屋の向かひの早咲き三分

このところ天候不順でスーパーの野菜が高い。

春キャベツなど値段を見て思わず手を引っ込めてしまうほど。

幸い庭には夫丹精の小松菜、ほうれん草、プチベール。

人参、大根、ジャガイモ、玉葱の保存野菜もまだ残っているから今のところ大きな影響はない。

でももうすぐ小松菜とほうれん草は夏野菜の苗ハウス設置のために終りにしなければならない。

そうなると葉物はプチベールとニラだけだなあ。

でも、もう少ししたら野蒜、木の芽、タラの芽なんかが採れるから

それまで何とか食いつなごう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

予感

        2010年4月19日(月)

           けふのうた

定まらぬ春の不安のまたひとつ続けて夢に君を見しこと

  よかん    

   余寒

    予感

     恋の予感?

いえ、これは危ない予感!!

このところお腹が空いて仕方ない。

6時半に朝ごはんを食べ終えるのはいつもと同じなのに10時前にはもう空腹。

運動前のエネルギー補給という名目でバナナを1本。

ついでにチョコレート?個。

ランチの後コーヒーを飲みながらお菓子をつまみ

夕食後は夫の差し出すお菓子をいただき・・・ってオイオイ!

いくら春は代謝がよくなるとはいえこれじゃ確実に来月の検査は危ない。

新しい先生になるのに最初から悪い印象じゃまずいよぉ(´Д⊂グス

でも止められない!!

これが生活習慣病ってことなのよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四月の雪

         2010年4月18日(日)

            けふのうた

斑雪のこる芝生に影落とす枝垂桜の紅ふくらみぬ

きのうの雪にはビックリ仰天。

前夜からうっすら積もっていたが起きたら20センチはあろうかという大雪。

10センチ積もると雪かきに出ることになっているから放送が入るかと耳をすませていたがそのうちブルトーザーの音。

こういう日は常にもまして張り切るご近所のおじさんの元気な声も響いている。

夫も仕方なく起きて雪かきに出た。

そうなれば私だって寝ているわけにもいかずせっかくの休日の朝寝はおじゃん。

でもやっぱり春の雪。

日射しとともにあっという間に消えていった。

そういえばヨン様の映画にあったなあ

「四月の雪」

あんなに好きだったヨン様もいまでは遠くなりにけり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

評価

       2010年4月17日(土)

         けふのうた

季ならぬひねもす雪の舞ひ散りて猫は一日眠りをりたり

最近薄毛治療のガイドラインとして発毛剤から植毛まで効果のランク付けが学会から発表された。

夫もせっせと高い発毛剤を使い続けているがさてその費用対効果は?

発毛剤にミノキシジルなる成分が含まれていればB評価なのだとか。

幸い夫の発毛剤はミノキシジル入り

でもA評価じゃなくてB評価が一番って??

「生えてきてるの?」

「抜け毛が減った」

まあその程度だからB評価なんだね。

只今の関心事は夫の発毛よりワタシのお肌。

眼鏡替えたらはっきりくっきりシミ・シワ・タルミ

もう遅いかも?

いや、まだ何とか?

数日前から

蒸しタオル&美容液ケアを開始。

さてこれは何評価?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

たまには

         2010年4月16日(金)

          けふのうた

ほころべる桜も震へゐるならむ季ならぬ雪舞ひ散る朝

さむい、サムイ、寒~~~~~い!!

朝起きたら真っ白。

さすがに地面の雪はいつの間にか消えたが気付けばまた雪が舞っていた。

こんな日は外に出る気が起きずジムもウォーキングも

買い物もパーーーッス!!

冷蔵庫を覗くと賞味期限切れの鶏肉と寸前のベーコン、保存棚にはいつ買ったか忘れたトマト缶。

となれば

鶏肉のトマトソース煮

しかないよね。

冷凍庫の底から見つけたシーフードミックスでピラフ。

久しぶりの洋風ご飯だーっ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鎮痛薬の功罪

       2010年4月15日(木)

          けふのうた

このところ日替わりメニューの冬と春着たり脱いだり忙しきこと

先日おにいちゃんのご飯を買いに動物病院にいった。

最近は1日1回鎮痛薬と砂糖を混ぜたものを栄養剤につけてなめさせている。

それが効いているのかポリポリご飯を食べるようになった。

受付に先生がいたのでそのことを話すと

それはやめた方がいい。

ノーシンとかバファリンはアスピリンが入っていて胃に穴を開けることがあるんです。

人間は大丈夫だけど犬猫にはねえ。

特に猫にはよくないですよ。

帰ってきた夫に話すと

「1本1500円の鎮痛剤の注射だって1日しか効かないのに、それじゃどうすりゃいいんだ!!」と

怒り心頭\(*`∧´)/

ご飯を買ったらポイントカードを下さったけど、ノーシンやめたらポイント溜まる前にご飯食べられなくて死んじゃうんじゃない?

そういえば「たまに診せてください」って言われなかったよなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

記念日

          2010年4月14日(水)

           けふのうた

この春を最期となせる桜木の古き幹より生ひたる若木

前日の寒さを取り返すかのような暖かさ。

先日は急に暖かくなったのに騙されて薄着をしたとたん風邪をひきしばらく調子が悪かった。

今回は注意しなくちゃ!と思いつつ散歩に出た。

今年の花を最後に伐られる桜並木のつぼみもぷっくり膨らみ、公園の枝垂桜は全体が少し紅い。

そんな中でまばらながらも一足早く辛夷の大木が花を咲かせた。

紅白の梅、黄色の連翹、もう少ししたら薄紅の桜。

そういえば25年前の4月14日の天気は?

忘れてしまうほど遠くなった

  結婚(式)記念日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひょっこりひょうたん島

         2010年4月12日(火)

           けふのうた

遠き日にひょうたん島に託したる願ひ残して作家逝きたり

井上ひさしさん(75歳)が亡くなった。

またひとつ稀有な才能が失われた。

昭和40年代に子供だった世代と井上ひさしさんとの出会いは

「ひょっこりひょうたん島」だろう。

それまでの子供っぽい人形劇とは違う、せりふにちりばめられた強烈な社会風刺に、子供心にもドキッとした事を覚えている。

さほど長く放送されたわけではないのにユニークなキャラクターとともに強く印象に残る。

たくさんの挿入歌の中で今も時折口ずさむ歌がある。

「勉強なさい」と命令する大人に対する子供の不満に答えるサンデー先生の歌

♪~いいえ、よい大人になるためよ

男らしい男、女らしい女、人間らしい人間

そうよ、人間になるために

ハイ、勉強なさい!!

その後作家として、劇団の座付き作家として、さらにペンクラブ会長としてずっと社会にメッセージを発信し続けていた。

あの独特な風貌で呻吟し紡ぎ出す「魂の言葉」にもう会えないのがとても悔しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

蕗味噌

        2019年4月12日(月)

         けふのうた

遠山を双眼鏡に覗きゐる夫の目当ては蕗の薹なり

双眼鏡で遠くの山の蕗の薹が見えるー?

ハッブル宇宙望遠鏡ならまだしも双眼鏡ではねえ。

スキー場の斜面の雪が消え少し経てば蕗の薹が出るはずと雪解け具合を観察しているのだ。

子供のころは蕗の薹など蹴飛ばして歩くほど畦や道端に出ていたもの。

でもその頃はあのほろ苦さがいまひとつ美味しくなかった。

高原は野生の蕗はあまりなく皆さん畑や庭に栽培している。

25年前はそれを知らないで土手で栽培している蕗の薹を採ってしまったこともo(_ _)oペコッ

そんなこんなで野生のものは貴重品。

「そろそろいいんじゃないか」

ということで出かけると小さいながら開きかけた蕗の薹がいっぱい。

前日のカツに続けての天ぷらは許されないので蕗味噌に。

炊き立てご飯に蕗味噌あれば

言うことなし!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新名物

        2010年4月11日(日)

          けふのうた

日を追ひて膨らみ増せり夕風にかそか揺れゐる枝垂桜は

トンカツ食べたぞぉーっ!

といっても2切れだけど・・・

最近隣の市で「駒月みそかつ丼」なる新名物ができた。

味噌カツといえば名古屋が有名だがこちらの売りは地元産の黒豆から作った

「雁喰(がんくい)味噌ソース」

豆の生産自体が少なく仕込んだ味噌がなくなったら食べられないというので早速出かけた。

旧中仙道の宿場町だった静かな町並みに真新しい幟がはためいている。

町の中のお店は駐車場が狭く決めかねているうちバイパスに出た。

少し先の広い駐車場のあるお店に幟がはためいている。

行くと「寿司とおそば」の店だったが新メニューの張り紙。

夫はもちろん味噌カツ、わたしはおそばとお寿司のセット。

カツを2切れいただいたが肝心のソースよりお肉がパサパサしているような・・・?

本業がお寿司とおそばだもんね。

お店によってそれぞれ特徴があるらしいので次に期待かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

神の業

        2010年4月10日(土)

          けふのうた

この春は辛夷の蕾少なかり多なる年は豊作といふに

水曜日に遠近両用眼鏡が出来てきた。

ついにワタシも老眼鏡の仲間入り。

初めて作った眼鏡のフレームが使いやすいのでレンズだけ入れ替えたのだが、それまでのレンズのサイズでは遠近は入らないということで少し大きくなった。

今風の細長いレンズってわけにはいかないらしい。

しばらくは慣れるためにずっとかけているようにとのこと。

乱視の矯正をしたので遠近ともはっきりくっきり!!

座っているときは違和感はないが立つと背が伸びた感じがするんだけど・・・。

それだけ目に変化が起きていたということ?

今までのように遠くを見たり手元を見たりするたびにいちいち眼鏡を動かす必要がなくなったのはとっても楽。

それにしても普通に

  見えたり

  聞こえたり

  噛めたり

  動けたり

の何とすばらしいこと。

失って知る神の業m(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

葎の宿にも

          2010年4月9日(金)

           けふのうた

逢はじとて葎の宿をさしてしをいかでか老いの身をたずぬらむ

式子内親王が40代初めにで詠んだもの。

誰にも逢わないようにひっそりと暮らしている私なのにどうしてか老いが尋ねてきたことよ。

代ならこれから子供を生もうかという女性も少なくないが、寿命も短く結婚も早かった当時、40歳にもなれば老いを意識させられたことだろう。

先日2年ぶりの視力検査で一番上の輪の区切りも判明不能という事実が判明。

そんな日に限ってタイミングよく移動眼鏡屋さんがやってくる。

普段なら「間に合ってます」で済ますのだがつい車に乗ってしまった。

結果、遠近両用めがねを作ることになった。

遠近両用ってワタシ的には老人のイメージ。

このごろ頓に老いを意識させられることが多いなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冷や水

          2010年4月8日(木)

           けふのうた

さ庭辺にカタクリ・シュンラン開きをり野山駆けたる幼時は彼方

今年の春は天候不順らしい。

時の流れに身を任せ~のワタシはそんなに感じないが、

和歌山では梅の実が霜でやられ、

春野菜が不作で高騰、

春物衣料は売れ行き不振・・・

何事も不順はよろしくない。

一昨日の突然の暖かさに今年初めてズボン下を脱いだ。

ズックもメッシュのにしキャップも上着も春物にして散歩兼ジョギングに出たら夕方からなんだか不調。

寒気がして節々が痛く食欲もなし。

夜にかけてやっぱり熱が出た。

何のことはない、急に薄着になって風邪を引いたのだ。

○○の冷や水?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

言葉

        2010年4月日(水)

         けふのうた

新しきランドセル負ひ父とゆく入学式は50年前

正確には49年前。

10年ひと昔どころではない今では50年前なんて戦後間もない歴史の中。

昨日はわが町の小学校の入学式。

散歩の道すがらお父さんお母さんと連れ立って真新しいランドセルを背負った新1年生が歩いていた。

TVでインタビューに応える1年生などを見ると隔世の感だ。

学校に入るまで野山を駆け巡っていたワタシなどマイクを突きつけられたらきっと唇をかんで泣きそうな顔で俯いたんじゃないかと想像する。

控えめなんてちっとも美徳じゃなくなった現代。

「含羞」などという言葉はそのうち辞書から消えるかも。

ところで新聞のコラムに「与謝野る」なる若者言葉が紹介されていた。

与謝野晶子の乱れ髪から「寝癖のついた髪」の意で

「アンタきょうは与謝野ってるわね」などと使うらしい。

その孫の与謝野馨さんの自民党離党から

「仲間から外れる」という新しい意味が加わるかもとも。

言葉は生きて変わっていく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

戯れに

         2010年4月6日(火)

          けふのうた

戯れに夫を背負ひてそのあまり重きに耐えず崩れ折れたる

どこかで聞いたような?

そう

たはむれに母を背負いてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず

啄木のパクリ。

最近パクリが多い?

啄木の歌は創作で「このように親に親しむような人間ではなかった」と妹も書いているらしいが。

ふざけて夫をおんぶしたら瞬時に膝に痛みが走って崩れ落ちてしまった。

以前は平気で負ぶえたのに・・・

やっぱり膝は弱っている。

1年の筋トレで歩くには支障がないところまで来たが強い負荷にはまだ耐えられないようだ。

きのうの朝TVで美容整形の最新情報をやっていたが

ワタシ的にはシミやシワなんかより

膝の方がずっと問題だわ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人体実験

         2010年4月5日(月)

           けふのうた

「ふらここは 漕ぐべし 愛は奪うべし」詠みし鷹女も吾も五十代

  ※「ふらここ」はブランコ   春の季語  作者 三橋鷹女

おにいちゃんの食欲はわずかながら戻ってきた。

だが目標を達成するとさらに高い目標を設定する夫はもっと食べさせようと四苦八苦。

その一策で苦労して粉にしたバファリンを捨て粉末ノーシンを買ってきた。

(バファリンよりノーシンの方が効くと信じている)

ついでにとわたしには今流行の

「グルコサミン・コンドロイチン」

筋トレのおかげで膝の痛みは消えたが走るとまだ違和感はある。

せっかくの夫の気遣い?

サプリには抵抗があるが騙されたと思ってしばらくは飲んでみるかぁ~。

「あなたも飲めば?」

「オレはいい」

・・・って

ワタシで実験するつもりかい?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初体験

        2010年4月4日(日)

          けふのうた

    下水掃除 まだ残りをり 初体験 

この川柳、実は吉行和子さんの俳句のパクリ。

TBSの「ぴったんこカンカン」で川越での芋掘り初体験を詠んだ

「お芋掘り まだ残りおり 初体験」

を自身が栃木での蕎麦打ちでパクッて

「蕎麦打ちや まだ残りおり 初体験」

少女の面影を残したまま年を重ねる吉行さんだから「初体験」という言葉も生きているのかも?

初々しさからは程遠い五十路だが考えてみればまだ未体験がいっぱい。

さし当たって昨日の下水のトラップ掃除

初体験~~(o^-^o)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春雨に

        2019年4月3日(土)

         けふのうた

春雨に西行桜枝垂れをりその花雨に君と濡れたし

朝から雨。

春の~雨は~やさしい~はずなのに~♪

なんて口ずさみながら、こんな日の楽しみはコトコト煮物。

頂き物の無農薬夏みかんでママレードを作りましょう。

下さった方がご高齢でもう収穫も危険らしいので今年が最後とか?

たしか去年もそうおっしゃったような・・・?

そういえば去年は焦がしてしまって全体に色が濃くなってしまったっけ。

最近同時平行の作業が難しくなった。

今年は心して作らねばと

数分おきにタイマー

をかけてはかき混ぜ透明感のあるきれいなママレードが出来上がった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ほっ!

          2010年4月2日(金)

           けふのうた

世の中は桜さくらと騒げどもまだ真白なり浅間山頂

このところ食欲がないおにいちゃん。

とうとう空腹に耐えられなくなったのか、

少しは体調がよくなったのか昨日ちょっとだけ食べてくれた。

バファリンを粉にして栄養剤に混ぜたのが効いたのかも?

猫は気まぐれ気分次第。

スープ

柔らかいもの

ポリポリご飯

それをふやかしたもの

と4種類用意して対応する。

わたしゃまるで召使いじゃ!

とにかく食べてさえくれればいい。

子供が食べないと親は心配するが

お・な・じ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自然に?

          2019年4月1日(木)

            けふのうた

新しき世界に羽ばたく君は鳥羨しみ見上ぐ地にあるわれは

今日から新年度。

進級、進学、新社会人、異動と新しい環境に入る人も多いことだろう。

そんな世の中とはまったく関係ない私の目下の関心事は

おにいちゃん

ここに来てほとんどご飯を食べなくなった。

このままではどんどん痩せていくのでチューブの栄養剤をやろうとしたら大暴れ。

ひさしぶりに負傷した。

暴れる元気と外に出る体力があるうちはまだ大丈夫だろうが・・・

本来動物は食べられなくなったら最期。

病院の鎮痛剤も一時しのぎでしかないし・・・

非情のようだが自然に任せようか。

自分に置き換えても

無理やり生かされるのは・・・・

う~ん、でもねえ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »