« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

上海土産

        2010年7月31日(土)

          けふのうた

       お土産は洗濯物と粽のみ

ああ、早いこと早いこと。

もう7月最終日。

夫は昨日無事上海から帰ってきたが

「疲れた~疲れた~」

を連発して夕食もそこそこに寝てしまった。

4日のうち往復で2日。

正味2日で仕事だったのでホテルと会社の往復で何の余禄もなし。

本場に行って中華も食べなかったとか。

帰りの高速から万博会場の屋根を見たのがやっと。

さておみやげは?

中華粽4個。

普通のはカロリーが高いからと

   豆沙粽

小豆餡の粽ということらしい。

普通の中華粽でよかったのになあ(;ω;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休み最終日

        2010年7月30日(金)

          けふのうた

     ひねもすの雨がほんとの夏休み

連日、日中はカンカン照り、夕方は雷雨というパターンだったがきのうは珍しく明け方から雨の気配。

時折小休止しながら1日降り続く。

前日まで草取りに励んだから休みなさいってことね。

あっという間に私の夏休みも終り。

何も特別なことはしないが何といってもご飯つくりがラク。

夕方になってもあせることもなくてのんびり出来るのがいいねえ。

だが食卓は一気に貧相になる。

栄養のバランスもへったくれもない。

お腹がすかない程度に何か口に入れればいい。

手をかけるくらいなら食べなくてもいい。

出来合いを買いに行くのも面倒・・・ってホント私って面倒くさがりね。

これが私の真の姿?

普段たいした物を作っているわけでもないがそれなりに気を使っている。

やっぱり料理は人のために作るって事かな?

夫は夕方帰ってくるから

サボっていた掃除をして・・・

空っぽの冷蔵庫を補充して・・・

忙しい一日になりそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三文ゲット

          2010年7月29日(木)

            けふのうた

       早起きは三文の得まことなり

夏休み二日目は眼が覚めるとともに昨日の残りの草取りに。

まだ朝露が残っていて涼しい。

虫除けスプレーをしっかりかけ割烹着に菅笠といういつもの畑スタイル。

2時間ほどでお庭兼畑と砕石を敷いた通路の草をやっつけた。

すっかりきれいになって気分爽快。

夫がいないと仕事する気が起きるのはなぜ?

朝ご飯を食べPCを開けると株が上がりそうな気配。

一時いい波に乗ったことがあったがこのところ

買うと↓ 売ると↑

といういつもの波に呑まれていたが今日こそ抜けられるかな?

珍しく大幅上昇で塩漬け状態の大物が何とか捌けた。

これでまた遊べるぞ~ヽ(´▽`)/

で、いくらか儲かったかって?

まあ、貯金の利子くらいはね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休み

         2010年7月28日(水)

           けふのうた

        作物の育つ暑さ草も育て

久しぶりの夫の出張。

今回は4日しかないのであんまりのんびりはしていられないが・・・。

「帰ってくるまでに草を取って・・・・おくはずないよな

「まあ期待しない方がいいわね。」

とは応えたものの「やっておけ」ということだから帰ってくる前にきれいにしておかねば。

駅まで送ったその足でまずは道路に面したところから開始。

梅雨明け前にきれいにしたのだかこの暑さと湿気で巨大になっている。

熱中症にならないようにほどほどにしておいた方がいいよ」

との隣のおじさんのアドバイスで2時間で中断。

涼しくなった夕方再開。

一生懸命やっていたら手元がよく見えない。

時計を見たら7時過ぎ。

慌てて家に入った。

これじゃいつもより働いちゃったじゃないの(゚Д゚)ハァ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

捨てる神拾う神

       2010年7月27日(火)

          けふのうた

もくもくと入道雲の沸き立つを喜び見れぬこの夏の空

キャンプの翌日、午前中はまだボーっとしていた。

そこに電話。

「もしもし、こちらア○ラックの代理店です。」

「ああ、がん保険の?せっかくですが、ウチはもう生命保険が満期になる年齢でして・・・」

「左様でございますか・・・では」

いともあっさり引き下がったねえ!?

普通はもうちょっと粘るんじゃない?

もう保険会社にとっては対象外の人ってこと?

事によっては入ったかもしれないのに。

これからいろいろなところから敬して遠ざかられる年代になってゆくがそう嘆くばかりではない

そういえば最近墓石の訪問販売が来たっけ。

葬祭センターからは

「ぜひ見学にいらしてください」

と頻繁にお誘い電話が来る。

捨てる神あれば拾う神あり。

世に無用のものはない!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャンプこぼれ話

        2010年7月26日(月)

          けふのうた

     お布団の寝心地よさを実感し

キャンプから帰ってきたときは疲労困憊状態。

全身ズキズキヾ(;□;)э

やっぱり年だねえ。

若い頃母から

25過ぎたらスッピンで外に出るな」

といわれたが、その年をはるかに過ぎたスッピン、加えて疲れ果ててはもう目も当てられない。

何せ朝ごはんの献立がごはんと味噌汁、わずかなふりかけと梅干2個ではいくらカロリー制限の身でもねえ。

そのうえ寝不足ときては・・・

まずはシャワーを浴びて早速カロリー補給近くの洋食屋さんで

ハンバーグセットヽ(´▽`)/

いつもなら絶対ハンバーグを止める夫だが

さすがにしぼみきった古女房に哀れを覚えたのか許可が出た。

大きなハンバーグまるまるひとつなんていつ以来だろう。

少なくとも15年は食べていない。

トマトソースにチーズたっぷりのハンバーグを堪能した。

もしかしたらこれが最後のハンバーグ??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぐったり

        2010年7月25日(日)

          けふのうた

     夜の明けはまずは囀りキャンプ場

久しぶりに心身ともに疲れた。

昨日から子供たちと一泊のキャンプ。

例年の軽井沢小瀬キャンプ場から今年は望月少年の家に。

最近は低学年がほとんどなのでキャンプはいつもより手がかかる。

まずは荷物が重すぎて背負うのが大変。

詰めてくれるのはお母さんだがいったん開くと自分で詰められない子もいる。

一番の心配はオネショ。

そういう子は夜中に必ず起こしてトイレに連れて行かなくてはならないが

今回はうちのテントにまとめてくれた?のか4人中3人

こっちが眠って忘れては大変だからそれまでは眠れない。

熟睡中に起こすのだからなかなか目を覚ましてくれない。

やっと起こして館長さんと連れて行く。

おかげで無事朝を迎えた。

普段の生活では大人が手をかけているから何でもやってもらうのが当たり前。

そういう子がたくさん集まると疲れますねえ。

まして子育て経験がないとどこまでやっていいか按配が難しいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラ~~ッ!

          2010年7月24日(土)

            けふのうた

     夏の陽に負けじと強き百合の香ぞ

火曜日にようやくおにいちゃんの薬が入ったと動物病院から電話がありすぐに行った。

薬なしで約1ヶ月。

その間に症状が悪化してお腹がすいても痛くて食べられずどんどん痩せていった。

野生の動物は食べられなくなるイコール死だが、ペットはそうもいかず病院へ連れて行く。

点滴をしてもらいながら

このところの暑さの話からドクターは

24日までは暑さが厳しい予報ですから1日おきに点滴した方がいいでしょう

・・・って?

1回5000円以上もする点滴を1日おきに?

クラ~~~~~~Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クジラ汁

        2010年7月23日(金)

          けふのうた

     ふと見れば白き昼なり夏盛り

   暑い!

朝から30度!!

(下界の方から見れば涼しい?)

温度計の置場所のせいでちょっと高めに出るようだけど・・・

前夜ヒンヤリベルトを巻いて眠ったらいつもより心地よく寝入れた。

昼間も首に巻きながらアイロンがけ。

大いに役立っている。

謝々 西紅柿さん

この暑さに人間はゲンナリだが畑の夏野菜は元気いっぱい。

なすやインゲンなど一晩で一気に大きくなって食べるのが追いつかないくらい。

こんなに暑いとやっぱりクジラ汁が食べたいなあ。

(あんまり大きな声では言えないが・・・)

夏野菜とクジラの脂身の塩漬けの入った味噌汁。

子供のころは朝からこれだった。

少し塩味がきいて冷めても美味しかったなあ。

おかげで我が家は夏バテなんてだれもしなかった。

でもそのツケが今?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

生活改善とエコ

       2010年7月22日(木)

          けふのうた

    寝不足も猛暑の夏の思い出ぞ

雪国の人は概してガマン強い。

その昔、雪は抵抗しても仕方がないものでひたすらガマンするしかなかった。

そういう風土で育った私は耐えることにはちょっと自信がある。

その一方、生活を改善してより快適に暮らそうという意欲にはいささか欠ける嫌いがある。

同じ雪国育ちでも夫は仕事柄かいつも何か改善しようとしている。

そこは偉いなあと思うがその結果がいつも最善とは限らない。

我が家には結果としてしなかったほうがよかった夫の改善の残骸があちこちに見える。

この夏は酷暑。

下界では常識のエアコンを入れたいと夫はしきりに言う。

私「少しガマンすればすぐにストーブの季節じゃないの。」

夫「お前が熱中症になったらどうする」

こんな高原で熱中症になるんなら日本人の半分は熱中症で死んでるわよ。

ということでエアコンの導入を阻止しているが

面倒くさいってのが正直なところ。

阻止している手前あんまり暑い暑いともいえない。

タイムリーに西紅柿さんのブログで

手作り首元ヒンヤリベルト

なる物が紹介されていたので試してみた。

手ぬぐいをタテに四つ折りにし、中央部に保冷剤を入れる仕切りを3個分縫う。

もちろん保冷剤は要冷蔵のものについてくる小さいもの。

これ結構いけます。何せタダ

夫には豆絞り、私のはちょっとおしゃれにアジサイの模様の手ぬぐいで作ってみました。

扇風機なしの30度の室内でもで時折入ってくる高原の風を感じ快適です。

これぞ エコライフ!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

土用干し

        2010年7月21日(水)

          けふのうた

赤ちゃんのごとき柔肌陽に晒しあえてシワ寄す梅の土用干し

アッツーーーーイヾ(.;.;゚Д゚)ノ

高原でもこんなに暑いんだから

下界はさぞかし・・・

暑中お見舞い申し上げます。

さて土用といえば?

  うなぎ

ではありますが

我が家では梅の土用干し

庭のシソを摘んで地下室においてあった桶を抱えてきて、

さて蓋を開けると

ひぇ~~~~~~!!(゚ロ゚屮)屮

真っ白!!

2週間前に見たときは無事だったのにぃ~。

今年は梅がまったくならなくて

高い南紅梅を買って漬けたのよお~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

下半分は無事だったので大事に大事に干しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

遼に燃ゆ

         2010年7月20日(火)

           けふのうた

       青春の日の甦る夏の空

3連休が終わった。

最終日はいささか気まずい雰囲気になり今朝も引きずっていたがいなくなればこっちのもの。

暑さに加えW杯に続く全英オープンで寝不足が続いた。

生来群れるのを好まない私はサッカーよりゴルフが好き。

加えてイケメン好き。

因って遼くんが大好きっ!!

ストイックに求道する若者にシビレル~~

彼は今回の全英オープンで大きな成長を見せた。

前回の予選落ちから自分の弱さと対峙し克服に地道な努力を重ねてきたのだろう。

めまぐるしく変化する天候、

荒野そのままのような難しいコース、

だが前回のように後半大きく崩れることなく自分のゴルフをした。

しなやかな肉体と精神力。

大先輩トムワトソンの励ましに涙する瑞々しい感性。

未来に限りない希望が広がる18歳だ。

過ぎ去った青春のすばらしさを追体験させてくれる遼くん!!

見ているだけで幸せになる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青春の道

               2010年7月19日(月)

P7180134

               けふのうた

咲き初むるキスゲの花は夏空に光を放つ 青春に似て

数年前からこの3連休は車山、霧ケ峰のキスゲ探訪。

昨年は渋滞にはまりやむなく引き返して車山からリフトでの探訪だった。

今年は少し早めに出たので流れは順調だったがまたリフトに乗ることになった。

駐車場の一番奥はまだガラガラだったが私たちのあとゾクゾクと車が入ってきた。

リフトから眺めると

貴婦人のレースのようなシシウドの花、ピンクのフウロソウ、群生するヨツバヒヨゴリが最盛期。

肝心のキスゲは?

ようやく咲き始めてチラホラというところ。

今年は春先の寒さと鹿の食害、さらに花の少ない周期にあたっている(保護員さんのお話)ようで花芽自体も例年より少ないようだ。

もう少しすればそれなりに咲いてくれるだろうが

いつものようなやな山全体がオレンジ色というのはどうかな?

今回は車山山頂から車山肩を下り途中から車山湿原をめざすルートをたどってみた。

いくつもの散策ルートがあるが37年前初めて歩いたルートを思い出した。

あの頃君は~若かった~♪

もちろん私も若かったヽ(´▽`)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

梅雨明け

      2010年7月18日(日)

        けふのうた

    うす紅の螺旋階段夏空へ

我が家より少し標高の高いところでは降雹。

我が家は一瞬停電。

これを最後に昨日梅雨明け宣言が出た。

「てっぺんまで咲いたら夏」

といわれるタチアオイはまだ上まで咲ききらないが

うす雲ながら青空が広がっている。

さあ、きょうはこれから

霧が峰の「ニッコウキスゲ」

に会いに行って来よう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どっちもどっち

       2010年7月17日(土)

         けふのうた

   梅雨明けの近き告ぐるや野甘草

この3日おにいちゃんはご飯を食べない。

正しくは口内炎が悪化して痛くて食べられない。

細かく砕いたり柔らかいお粥にしてもダメ。

治療に使っている薬は輸入薬なのだが税関の検査が滞って届かずもう3週間以上薬をつけないので一気に悪化してしまった。

どんどん痩せていくので病院で点滴を打ってもらった。

点滴しながらの話の中で、最近病院の玄関先に子猫が捨てられたという。

朝の3時頃老夫婦が子猫を6匹置いく姿が防犯カメラに写っていたのだ。

たくさん生まれて飼うにも飼えず自分で処分するのも嫌で動物病院なら何とかしてくれるだろうという安易な考えなのだ

もっとひどいのは日中軽トラで来て駐車場に死に掛けた大型犬を置き去りにしていった例もあったという。

幸い6匹の子猫はみんな貰い手が見つかったというが・・・。

片やペットを人間以上に過剰にかわいがるかと思えば、片やゴミのように扱う人がいる。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

何事も中庸は難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北風と太陽

        2010年7月16日(金)

          けふのうた

頑張っていればそのうち良い薬出ると信じておやつをガマン

2ヶ月ぶりの定期検診

先回からイケメンDrになって心機一転のはずが・・・

げに生活習慣のオソロシや

イケメン効果も一時でいつしかいつもの生活に┐(´д`)┌ヤレヤレ

結果は当然・・・

なんら改善なし!!

    いえむしろ

やや悪化(ρ_;)

     ・

     ・

でもひとつ朗報がヽ(´▽`)/

昨年10月に画期的な新薬が出たのだという。

1年間は様子見で2週間分しか出せないというが

例えて言えば童話の「北風と太陽」太陽のようなもの。

今までの薬は膵臓を叩いてインスリンを出させる北風

新薬は膵臓の細胞を労わってインスリンを出しやすくする太陽

そうと聞いたら労はいとわない。

10月を待たずに使うことにした。

でも、このイケメン先生ちょっと面白い。

「今度ゆっくりお話したいですね~」

な~んて。

ふふっ!

もちろん糖尿の話でしょうけど(*´v゚*)ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

過去と未来

       2010年7月15日(木)

         けふのうた

    雨のなき朝草刈機うなりをり

ドンヨリした空だが久しぶりに雨のない朝。

洗濯掃除の家事をしながら株を覗く。

昨日は久しぶりに大幅アップだったのでここで売らなきゃとばかり-2%の損きりをした。

今日は一転下降局面。

ここで買わなきゃとやっと出来た資金を即投入。

私って儲けるより売買のスリルを楽しんでいるだけ?

これって軽いギャンブル依存症候群かも?

経済活性化のためカジノを誘致しようという動きもあるが

すでに導入したシンガポールではギャンブル依存症が急増しているのだとか。

誰も一寸先の未来も分からない。

だから生きていられる。

これが分かったら生きる希望失ってしまうだろう。

だがだた一つ誰にも分かっている未来がある。

どんな人にも平等に終りがやってくるってこと。

でもそれが何時なのか誰もわからないから生きていられるんだけどね。

午後から定期健診。

過去2ヶ月の行状の審判が下される。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

理髪師

        2010年7月14日(水)

          けふのうた

    今朝も雨いつまで降れば気が済むの

年を取れば取るほど1歳でも若く見られたいと思うのは女性ばかりではない。

とりわけ化粧でごまかせない男性は髪の多寡が見かけに大きく影響するのは否定できない。

ご多分にもれず夫も年とともに薄くなる家系。

本人もなんとか薄毛が目立たないようにひそかに工夫しているらしいが・・・

そんな悩めるお父さんのお悩み解決法を「ためしてガッテン」が紹介していた。

  逆転の発想!!

何のことはない、全体をチョー短くして薄毛に目がいかないようにするだけ。

本人にしてみればわずかに残る貴重な毛をバッサリ切るなんてっ!!・・・

しかしモデルのオジサンはみんな若返って生き生きして見えるから不思議。

我が家は20年近く夫の頭は私が刈っているがいつもあんまり短くしたがらない。

だが逆転の発想を知ってから素直に短く切らせた。

さすがNHKの威力?

いっそ薄い前頭部も短く切ったほうがいいのだがさすがにまだ触れさせてはもらえない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昼夜逆転

        2010年7月13日(火)

          けふのうた

    朝顔の紅濡れぬれて梅雨の朝

今日も朝から雨。

それも結構強い雨。

おかげでで涼しい。

このところ毎朝、起きると交代におにいちゃんが私の布団で寝る。

猫はもともと夜行性だが、うちの子達は人間化していて夜は一緒に寝ていたのだが

おにいちゃんは最近

昼はグーグー夜はルンルン

という本能に目覚めたようだ。

夕方起きてきてようやく活動開始。

夜中に何回かやってきてはちょこっと挨拶してまた出て行く。

おかげでわたしは細切れ睡眠になって昼間はボーッ。

なら昼寝すれば?

そうすると夜眠れないし・・・

いっそおにいちゃんに合わせて夜行性になるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タコ占い

        2010年7月12日(月)

           けふのうた

朝からの大雨参院選終えてこの先日本はなお不透明

今日未明のサッカーW杯決勝戦は占いタコ「パウル」の予想通り

スペイン初優勝ヽ(´▽`)/

迷わずスペインの餌を食べスペイン圧勝かと思われたが実際は延長戦までもつれた接戦だった。

これで今回の予想をすべて当てパウルは押しも押されもせぬ

「占いタコ」となった。

ここまで的中させるとこれから注文が殺到して忙しくなりそうだが占いはこれで終りにするとか。

タコの寿命は約3年。

パウルは2歳半くらいでもう相当なご高齢なのだとか。

実はパウルにあやかって日本でも今回の参院選を予想したタコがいた。

七子という。

「七子」の予想方法は「民主」「自民」の札をつけた餌に浮きをつけ、はやく食べた餌の浮きが水面に上がってくるというものだったのだが・・・

結局七子は浮きを何時間も放さずどちらの名札も水面に現れなかった。

「民主」「自民」どちらでもしばらく日本は浮上しないってこと?

確かにこれも大当たりー!!かも?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

選挙と花嫁

        2010年7月11日(日)

          けふのうた

投票を終えたついでにウォーキング夫と歩くも久々なりし

今日は参院選の投票日。

いまひとつ気分は盛り上がらないが国民の義務?として投票してきた。

昨夏の歴史的政権交代の盛り上がりは今いずこ?

お父さんの言葉じゃないが

「花嫁のときが最高。あとは粗が見えるだけ?」

は民主党にも言える。

いつの時代も恋人同様、甘い言葉を囁くのは選挙のときだけ。

結婚生活と同じく政治は現実なのだ。

だから思いはあってもやさしい言葉通りにはいかない。

「結婚前はあんなにやさしかったのにぃ~」

「あの約束はどうしたのよぉ~」

と奥さん同様文句言タラタラの国民に土下座してまで当選したいくらいだから

いいことあるんだろうなあ?

もしかして政治は選挙活動だと勘違いしてない?

概して男は昔から陣取り合戦が好きだけど・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

骨皮スジ衛門

        2010年7月10日(土)

          けふのうた

一日に一度は必ず雨降れど災害無きをありがたく思ふ

このところの蒸し暑さで夜中に扇風機のタイマーが止まるたびに眼が覚める。

それなら連続にしておけば?って、

これが風邪引きそうで出来ない。

ということで寝不足の日々だが週3日の筋トレとウォーキングは何とか続いている。

では恒例筋トレ18ヶ月報告。

数値的には先月とほとんど変わらないが

ウェスト、腹囲、太腿ともに0,5センチの増加(◎´∀`)ノ

まあ測定誤差とも考えられるが太腿は確かに太くなった実感がある。

特に腿の裏のハムストリングは顕著だ。

1ヶ月前からスクワット50回を追加したからその効果もアリかな?

これで全体にほんのり脂が乗れば・・・

ところが体脂肪はこの1年半で4,7%も減ってしまった。

もしこれで運動をやめたら筋肉が落ちて

骨皮スジ衛門!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

株と花嫁

        2010年7月9日(金)

          けふのうた

何欲も「意欲」に通ず老い父の力となれり株取引も

NY株式が久々に値上がりという朝、

RURURURU~~

お父さんかな?

やっぱり!

この前電話が来たときは風邪を引いてだいぶ良くなったといっていたがまだ風邪声だ。

やっぱり年だね、回復が遅い。

本人そんなことはお構いなく

「今日は上がるぞ!」と声が弾んでいる。

家では誰も株の話を聞いてくれないので調子のいいときは株仲間の娘に電話してくる。

こちらは上がっても売れず下がっても買えずの膠着状態なのに、父は余裕資金があるのでここ数日の値下がりでだいぶ買ったらしい。

この春鳴り物入りで上場した生命保険株が下落の一途だというと

「新規上場株は花嫁と同じ」

そのココロは?

「その時が最高でそれよりよくなる女房はめったにない」

ナットク!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

終身保険

        2010年7月8日(木)

          けふのうた

梅雨晴れの陽射しまぶしも七夕の願ひが叶ふ予感する朝

一昨日、年金型生命保険で二重課税の違憲判決が出た。

我が家も夫の生命保険があと半年で払い込み満了となる。

2度の癌を乗り越え死亡保険料をいただかずに60歳を迎えられそうなのはありがたいことはありがたいのだが・・・。

「終身保険」というので払い込みが終わってもずっと保障してくれるのかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかった。

何千万円という死亡保障は60歳でなくなり、疾病特約は80歳まで払い込まなければならないのだという。

これって「終身払い込む」って意味だったわけ?

今まで払った保険料だってずいぶんの額だけどその分貯金してたら・・・??

なんて思うのは何とか生きていられたからこそよね。

これこそホントに

ありがたや、ありがたや  チ~ン♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

星に願いを

         2010年7月7日(水)

           けふのうた

 かささぎの橋を渡りて待ちくるる恋しき人の胸に抱かれん

今日は七夕。

いつも言うのだが旧暦の日付をそのまま新暦に移しただけの行事は季節感がずれて意味がない。

あちこちでゲリラ豪雨が発生している昨今七夕どころではない。

節句行事は一月遅れでやろうじゃないか。

ところで世界経済も土砂降り、日本には集中豪雨。

ということでボーナスも貯蓄に回すという人が多いとか。

「お父さんのお小遣いもゼロ回答が50パーセント」なんてニュースで言っていた。

我が家も「ゼロでいい」というので銀行に行って「定期にしてください」といったら窓口のオネエサンが

「今は利子もわずかですから・・・でもわざわざお運びくださいまして」

といって何もしないのに粗品?を下さった。

銀行が預かってくれないんなら仕方がない。

一か八かで・・・・

あとはお星様に願いをかけるしかない!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついつい

          2010年7月6日(火)

            けふのうた

    「ケンくん」と名づけし雉の今朝も鳴く

数年前から前栽畑の主導権は夫に移譲し収穫と調理担当に専念しているが、

昨夜「モロッコ菜豆の追加を蒔いておくように」と言われたので忘れないうちにと庭に出た。

袋には9個しか残っていなかったので3個ずつ蒔いた。

早蒔きはもう小さな実をつけ始めているのでもうすぐ初もぎできそうだ。

昨日は茄子の初採り。

これから徐々に夏野菜が採れるようになる。

蒔き終えて畑を見ると連日の夕立thunderrainとお天気sun

草も元気!!

ついそのまま周りの草を取り出し、ついでに終わりかけている花を切ったり裏の垣根の下の草も刈ったりで・・・

結果、朝から汗まみれ(;´Д`A ```

「見ぬもの清し」だが見てしまったらねえ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

来た道、行く道

         2010年7月5日(月)

            けふのうた

こういっちゃ何ですけれどもされるほうも大変なんです介護というのは  (朝日歌壇より)

毎月の探検隊での移動は町のマイクロバスとレンタカーを使う。

気を使うのは車酔い。

レンタカーではめったにないがバスでは毎回酔う子供が出る。

車では酔わない子もバスでは酔ってしまう。

このバスは年季物で結構揺れるから、乗り心地のよい車しか知らない今の子供たちの体は対応できない。

まして行くところがカーブの多い山道だからなおさら。

元気に騒いで注意されるような子供は酔わないがおとなしい子はテキメンだ。

ほかにも気を使うのはトイレ。

乗り降りや次の行動の前には必ずトイレに行かせるがそれでもハプニングは起こる。

今回は”大の方”。

たまたま酔う心配のある子だったので前の席に座っていてすぐに委員さんの機転で別の車に乗せコンビニで下着を買って着替えさせたのでよかったが。

思えばこれもこれから年を取っていくといつわが身に起こるかもしれない。

「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Oh,Happy Day

      2010年7月4日(日)

        けふのうた

  梅雨雲を払はむ 歌声響かせて

先週に引き続いて先生に来ていただいてのゴスペル練習。

お能の勉強もしている先生は大地にしっかり根を張った樹に見立て下から上へと声を出すユニークな発声法だ。

それはオペラの発声にも共通するという。

普通の合唱と違ってそれぞれが思いっきり出した声が一点で溶け合ってひとつの音になって伝わればいいというので遠慮しないで歌えるのがうれしい。

そして、楽譜を読めない人でも歌える教え方なのもいい。

私などなまじ読めるから楽譜に頼ってしまって譜面がないと不安を覚える。

とにかくあっという間の楽しい2時間。

これで8月末まで夏休み。

その間にすっかりお返ししないようにしなくちゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一粒の種から

       2010年6月3日(土)

         けふのうた

天明の噴火の焼け野に一粒の草の実落ちて森となりたり

今日は探検隊。

このところ連日午後は雷雨に襲われているが前夜の予報では曇りベースの時々晴れ。

湯の丸高原のさわやかな風と夏の高山植物を楽しみに寝た。

ところが5時半過ぎに雨音で目覚めた。

起きたら天気予報はまるっきり変わっていた。

無理だな(ρ_;)

委員による朝の会で急遽変更して浅間火山博物館へ。

湯の丸高原も火山によってできた山。

火山つながりで意義はある。

幸い予報ははずれ曇りで暑くも寒くもなくウォーキングにはもってこい。

博物館の近くの遊歩道を歩き、天明3年(1783)の大火砕流のあとが230年ほどで森に変わってゆく過程を観察できた。

自然の営みの確かさを実感した1日だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パク ヨンハの死に思う

         2010年7月2日(金)

           けふのうた

どこかしら寂しげなりし冬ソナの月でありたるサンヒョクの笑み

韓流スター、パク ヨンハが亡くなった。

自ら命を絶ったという。

6年前「冬ソナ」で突如沸き起こった韓流ブーム。

一緒に舞い上がった友達は「ヨンハ派」、私は「ヨン様派」

あれからヨン様はアジアのスターになったが、ヨンハは音楽活動で日本で活躍していた。

今も全国ツアーの最中だったとか。

韓国では芸能人は公人として様々な制約があり常に神経を使わなければならない。

ネット社会の韓国では誹謗中傷も多く自殺する芸能人もいる。

加えて韓国社会を規定する「儒教道徳」が日本や中国の比ではない。

韓流ドラマに見る親子関係には驚くことが多いがこれが現実なら正直ちょっと遠慮したい。

彼は末期がんの父親の看病と仕事の両立に悩んでいたとか。

独立して問題を抱え人間不信から不眠症になっていたとか。

自身ウツだとカミングアウトしていたとも。

そして直前にアルコールも。

様々なことが相俟って発作的に自殺を図ってしまったのだろうか。

「冬ソナ」でも幼い頃から誠実にヒロインを愛し続けたサンヒョクだったのに途中から現れたヨン様のチュンサンに最後まで勝てない役だった。

そんなところまで重ねるのは穿った見方かもしれないが・・・・

今も「マイメモリー」を弾くと40代最後のワクワクした頃を思い出す。

カムサハムニダ

パク ヨンハ ッシ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

出会い

          2010年7月1日(木)

            けふのうた

梅雨晴れの光を返し輝ける緑に負けぬ元乙女たち

ピアノの先生のフルートとのジョイントコンサートにいってきた。

それまでの天気が嘘のように緑がまぶしい軽井沢の森のレストラン「こどう」でのカフェライブ

今年で5回目、年々素晴らしくなる。

5年間、月に2回の練習を欠かさず培った呼吸が見事な演奏だった。

「もしかしたら夫より息が合っているかも?」という先生の冗談に頷いてしまうほど。

今回もポピュラー・ジャズ・クラシックと多彩なプログラム。

50代で出会ったお二人。

たまたま音楽という共通の趣味でつながった二人だが

先生いわく

「本当に奇跡のよう。音楽の他にもこんなにぴったり合う人とはきっと二度と会えないわ」

輝く元乙女に乾杯~!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »