« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

合宿こぼれ話 

       2010年8月31日(火)

         けふのうた

榛名富士の薄墨色の稜線を一瞬消して日は昇りくる

合宿や練習にはいつも碓氷峠の下に住むSちゃんと行く。

ところが前日に急に行けなくなったというTEL。

少し前から熱が出ていたが前日になっても下がらず無理だという。

この夏の酷暑で体が弱っていたのだろう。

急遽当日8時に家を出て電車とバスを乗り継ぎ10時に高崎で合流した。

ひさしぶりの榛名は酷暑の土日だからさぞかし人出があろうかと思ったが意外に静かなたたずまいだった。

少し時間があったので風穴のひとつに案内してもらった。

い道を下っていくと谷底が白く霞んでいる。

横穴から噴出す冷気で一瞬にして地上の暑さを忘れる。

榛名の違った一面に触れることができた。

集合時間も近くなったので帰ろうとしたら下ってくる車とのすれ違いに時間を取られた。

慌てて湖畔でおそばをかきこんでぎりぎりセーフ。

しばらくは合宿ネタで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合唱合宿

         2010年8月30日(月)

           けふのうた

溜りたる心の澱の重さならむ二日歌ひて一キロ減りぬ

1泊2日で群大OGOB合唱団榛名合宿に行ってきた。

男声13人、女声2人というきわめてアンバランスな構成だがこれもしかたない。

女性は子育てやら親の介護やらで1泊でも家を空けることは大変。

土曜日は午後1時から休憩と夕食をはさんで9時まで。

翌日も9時から12時まで、ひたすら歌い続けた充実の1泊2日だった。

男声はテナー・バス6人ずつでバランスよく、みんな大人のふっくらとしたいい歌声になっている。

それに対して女声はおばさんソプラノ2人ではどうがんばってもねえ・・・・。

メンバーは群馬を中心に福島、長野、新潟、関東一円から集まってくる。

その心は?

一緒に歌う喜びは何物にも替え難い?

それとも

オジサンは土日に家に居づらい?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

幸福の時間

       2010年8月27日(金)

          けふのうた

居ながらに友とおしゃべりできるけどやっぱり顔を見て話したい

1日中家にいて連絡もPCメールがほとんどだから携帯はめったに使わない。

だから携帯をチェックする習慣がない。

昨日病院で手持ち無沙汰に何気なく携帯を開けたら珍しく着信が1通。

久しぶりの友達から。

でもそこで電話するわけにも行かずあとでと思っていたら夕方になりばたばたして忘れてしまった。

今朝見るとまた着信、慌てて電話した。

彼女糖尿予備軍。

気になる症状があって電話をくれたのだが糖尿とは直接関係がなくてよかった。

一足先に年金生活に入った彼女に分からないことを聞いたり

私からは予備軍脱出のアドバイスをしたり・・・・

あっという間に1時間以上楽しく話した。

あしたは2年ぶりの合唱合宿で懐かしい友と丸々1日歌漬け。

幸せな時間を過ごしてきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予備軍

        2010年8月26日(木)

           けふのうた

八月も終り近きにミンミンの盛夏のごときたくましき声

先日布団のクリーニングのつもりが新しい布団を仮契約してしまった。

いつも会話のない生活をしているから打てば響くような話し相手につい気分よくなってしまったらしい。

正式にはハガキを出して契約なのだがすぐに出さなかった。

どうも自分が欲しくて買ったというより話の流れでそうなったので冷静になると納得がいかない。

そこで取り消すことにした。

ちょっとは何か言われて引き止められるのではと心配だったが、拍子抜けするほどあっさりと受け付けてくれた。

当然といえば当然なのだがほっとした。

いらないものは結構きっぱりと断る自信があったのだが、

どこかに「あってもいいかな」って心理も働いたのかもしれない。

一人暮らし老人が話し上手なセールスマンとの楽しい時を重ねるうちについ契約してしまう心理が分かる気がする

私は完全に予備軍?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨と猫

        2010年8月25日(水)

          けふのうた

愛らしき声の切なし草むらに生を受けたる仔猫鳴きつぐ

昨日の夕方、待望の雨が降った。

このところの暑さ続きでほっとしたが、反面心配が・・・

実は、数日前から散歩コースの草むらに子猫がいる。

顔は黒トラ1匹しか見ていないがもう1匹鳴き声がする。

近くの病院で餌をもらっている猫が生んだのか・・・

衰弱した様子はないから母親のおっぱいを飲んでいるのだろうか。

草むらとはいえ朝晩は保育園の送迎の車が頻繁に通るし、下は川が流れているような斜面の草むら。

あまりいい条件ではない。

きのうは散歩しなかったから顔を見ていないが

夕べの雨をどうしただろう・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロだねえ

      2010年8月24日(火)

        けふのうた

  乗せられて終わってみれば買っていた

先日布団のクリーニングの電話があった。

十数年前に買ったチョー高い羽毛布団の販売店からだ。

以前冬に「割引します」という電話があったが

「このクソ寒いときに布団を剥ぐのっ!!」

ということで今度は真夏のキャンペーン。

1枚8000円というが2枚だと割引くというので

「今なら使ってないからいいわ」と来てもらった。

           ・

           ・ 

           ・

ところが・・・

わってみれば新たに布団を買っていた。

さすがプロねえ!!

と感心している私って・・・・

まあ、こんなこともなければ買い物嫌いの私がわざわざ布団を買いになんか行かないから

これも老後の投資だあ!!

でも高かったなあ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

土日は別行動

        2010年8月23日(月)

           けふのうた

真青なる大き眼(まなこ)を見開きて背伸びしてをり露草の群れ

お盆が終り今月もあと1週間。

なんてなんて早いんでしょう。

とはいっても相変わらずの暑さ、晩夏初秋の風情もいまひとつ。

そんな中この秋の私の土日は予定がびっしり。

大体、土日に習い事が入っているのだが今年は2年に1度のOGOB合唱団の演奏会の年。

その練習が今月末から月1で土曜日に入る。

さしあたっての今月末の土日は合宿

夫の土日は畑仕事で忙しい。

お互い好きなことで忙しいのはいいこと。

だが、

ほとんど一緒に行動することがないのは

いいことなのか

それとも・・・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吾亦紅

        2010年8月22日(日)

          けふのうた

ひっそりと深き紅色湛えつも風に任せて揺るる吾亦紅

暑い暑いといっても季節は確実に移っている。

散歩の道にも露草、吾亦紅などの秋の草花が見られるようになった。

亦紅でちょっと面白い実際にあったお話。

         ・

ある人が秋の風情を届けようと知り合いの家に吾亦紅を一抱えもっていった。

するとご主人が意外にも

「そんな花飾ってくれるな」という。

不思議に思うと・・・

        ・ 

昔はお嫁さんは婚家でつらい思いをしてもいつしかその家に根を下ろすが

婿さんはいつまでも婿のままなのだとか。

そんな思いがあって【吾亦紅】と聞くと切ないのだという。

         

     われもこう

    WAREMOKOU

     ↓

   WAREMUKO

    われむこ

     ↓

    吾 婿

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一線をこえる?

        2010年8月21日(土)

          けふのうた

   晩夏告ぐるヘブンリーブルー遠慮気味

高原はようやく朝晩涼しくなって扇風機のタイマーも短くして眠れるようになった

だが体は少し遅れて反応するようだ。

食べれば食べられるが食べたいという感じがない。

美味しいのは冷たくて甘いもの。

りっぱな夏バテだ。

1週間調子が悪かったお腹は何とか落ち着いたがこのところ体重が落ちてきた。

40キロの一線を越えないようにしないと・・・・。

今日は久しぶりの中国語教室。

頭もとろけてチンプンカンプンだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人と会う

       2010年8月20日(金)

         けふのうた

     君と会へる心弾みや紅芙蓉

今朝も涼しいうちに散歩と思っているうちに日が出てきた。

日傘を差して歩き出すと学校の近くの交差点を手に手にバケツを持った子供たちが渡るところだった。

ほとんど渡ったのに最後の一人が少し離れて歩いている。

その子を待って一緒に渡った。

渡りきると見知った顔が2,3人。

探検隊の子供達で、これから畑にジャガイモ掘りに行くところだという。

しばらく歩いてオバサマのところでお茶をご馳走になりながらおしゃべり。

これでジムに行くといつもよりずいぶんたくさんの人に出会う。

たまには人と話さないとしゃべり方を忘れそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

始まった

        2010年8月19日(水)

          けふのうた

     脳みその融けて一句も浮びこず

お盆過ぎても日中の暑さはいっこう収まらず。

昨日夕方久しぶりにジムに行った。

ジムは冷房が効いていて快適だったがさすがに1週間しないと

マシンの重いこと重いこと。

脈拍も上がらず夏バテの証拠

朝は体ならしに涼しいうちにと朝30分の散歩に出た。

ちょうど学校が始まったらしく荷物をいっぱい抱えた子供たちが登校するところだった。

宿題の工作を手に学校モードに切り替わっている子がいるかと思えば

まだ休みボケかとろんとしたような目の子も。

私も昨日はお疲れ休みと称してダラダラしていたが

今日から平常業務開始!!

      ・

      ・

      ・

って、昨日とあんまり変わらないけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

終わった!!

         2010年8月18日(水)

           けふのうた

      冷夏とふ長期予報の恨めしや

ようやく今日からいつもの生活。

今朝はまだボーっとしている。

昨夜は激しい夕立で気温が下がって眠れたはずなのに明け方いやな夢を見た。

ところでこの休みの間

胃腸だけは自慢のわたしがこの暑さでついに最後の砦も怪しくなった。

食べた途端に腸が動き出す感じでどうもお腹が落ち着かなかった。

今朝からそれがないってことは?

やっぱり原因は暑さだけではなかったってことよね。

加えて珍しく

食欲がない!!

とはいいながら実家では美味しくいただいたのだから

ただ作る意欲がないってことか??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無事終了?

         2010年8月17日(火)

           けふのうた

       萩・桔梗ゆらせば秋の風となり

1週間の夏休みも今日で最後。

お盆過ぎても日中の暑さはまだ衰えを見せない。

ついに昨夜は窓を開けたまま扇風機を付けっぱなしで眠ったけど風邪も引かず。

夫は休みの最後を有意義に使うべく私が起きると同時に畑にご出勤。

そろそろ甲子園の決勝戦も近づいてきた。

その頃には秋大根を蒔かなくてはいけないとこの辺りでは言われている。

今年は暑いので少しは遅くなってもいいかもしれないが、その前にはジャガイモを掘り上げなくてはいけない。

すでにブロッコリーと白菜は植えつけたようだが雨がないとぼやいている。

昨日も野菜作りの本を開きながら夕ご飯を食べていた。

頭の中は野菜作りのことでいっぱい。

おかげで休みも無事終了しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと

          2010年8月16日(月)

             けふのうた

短歌(うた)は祖父に ピアノは母に 父からは株を引き継ぐ「私」とふ人

2泊3日のお盆の帰省から帰ってきた。

今回は珍しく夫も一緒。

彼はおにいちゃんが心配なのと顔を出すことが所期の目的なので1泊で先に帰った。

予想通りおにいちゃんは「水も飲まずご飯も食べず」状態だったとか。

かわいそうな思いをさせてしまった。

今年は久々にわが親族が全員顔をそろえてにぎやかだった。

帰省するたび確実に時は流れ世代は交代していくのだとしみじみ思う。

ここ5,6年この時期に高校時代の友達に会うのだが、今回は運よく娘さんにも出会えたり、また一度も話したこともなかった同級生ともじっくり話したり・・・

人生の午後もだいぶ過ぎてくるとだれもが人恋しくなるのだろうか。

帰省前は何となく気が重くなる「わがままな私」をふるさとは温かく迎えてくれる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お盆休み

      2010年8月14日(土)

        けふのうた

    魚沼の暑さなつかし盆休み

高原は涼風が立ち秋の草花に移ってきました。

でも夏バテか夫婦してお腹の調子がいまひとつ。

今日と明日はふるさとに帰っていますが

せっかくのお盆のご馳走も食べ過ぎないようにしないとね。

短い時間ですが友達にも会いたいし・・・

ではまたお盆明けに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケ

         2010年8月13日(金)

           けふのうた

      カラオケは歌う楽しさ聴く苦痛

珍しく携帯の着信音。

ご近所のカラオケ仲間Y子ちゃんから。

「今夜7時にア○ルでね。」

「ハイよ、あとはいつものメンバー?」

「Mさんは仕事でこないわ」

いつもは行事の後いくのだがどうしたのかと思ったら・・・

彼女の知り合いのカラオケ同好会が隣町からわざわざ足を延ばしてくるということで誘われたのだとか。

お店に入るとすでにあちらは30分前に来て腹ごしらえの真っ最中。

私たちはもう一人が来るまで夫の愚痴を言い合って時間つぶし。

そうこうしているうちに腹ごしらえの出来たあちらさんの歌が始まった。

平均年齢70は過ぎていようという皆さんだから演歌専門。

それもカラオケ用の歌かと思われまったく知らない。

皆さんそれなりにお上手なのだがずっと演歌ばかりでは・・・。

あちらは間髪いれずにオーダーを出すので私たちがさて歌おうかと思ったころにはリクエストの長~いリストができていた。

3時間聴かされたあげく3人で6曲。

私は高橋真梨子の「for you」1曲を思いっきり歌って帰ってきた。

10時を過ぎていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金

      2010年8月12日(木)

         けふのうた

   寝て起きて食べて寝るうち年を取り

最近あちこちの金融機関から年金相談のダイレクトメールが来る。

夫がもうすぐ60歳になるからだ。

ありがたいことに本人に代わって面倒な手続きをしてくれるらしい。

あちらは半永久的にお金を確保できるってことだからまあお互い様。

さて、書類が来ていろいろな番号を記入しなくてはいけないのに夫の年金手帳がない。

そういえば結婚以来一度も見たことがないわ。

まさか紛失?

ヒェーーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)

ということがないように会社が一括預かっているとのことで

ホッ!!

持ってきてもらってまずは年金相談会へ。

ついでに奥様も・・・って、

あと5年もあるんですけど・・・

でもすぐだね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

茄子三昧

      2010年8月11日(水)

        けふのうた

    母の味恋しかれども夢の夢

このところ茄子が大量に採れる。

煮る、焼く、炒める、揚げる、蒸す、漬ける・・・と重宝な夏野菜だが

子供のころの定番といえば

油ミソと浅漬け

これさえあれば夏バテ知らず。

新潟はナスの一大生産地だがあまり知られていない。

生産量は多いのだが作ったものをみんな県内で消費してしまうから。

それほどの茄子喰い県だ。

茄子の種類も多いらしい。

我が家は水茄子一種類だが子供のころは何種類か作っていた。

漬けるのは若い水ナス

丸のままの真っ青なナスは暑い日の食卓を涼しくしてくれる。

毎晩母は翌朝のナスを漬けて家の小川で冷やしていた。

油ミソも頻繁に作ってくれたっけ。

私もよく作るが味噌が違うせいか母の味にはならない。

せめて似せようとシソを刻んで加えている。

そして丸ナスの味噌漬け。

刻んでおむすびに入れると食べる頃ご飯に沁みて・・・

お盆に帰ったら買ってこようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

買い物

        2010年8月10日(火)

          けふのうた

     行動を共にするたび気まずかり

ケチ?

かどうかはビミョーなところだがわたし

買い物嫌い!!

物を捨てるのが嫌で持ちたくない人だから買うのも好きじゃない。

我慢できるなら買わない!!

食べないわけにはいから食品は仕方ないが

冷蔵庫がいっぱいだとプレッシャー。

こういう人だから買い物も苦痛。

日曜日に夫に急かされて帰省の手土産を買いに行ったのだが・・・

私「ウチはお菓子食べないからいいわよ」

夫「そういうわけには行かないよ」

友達に会うといえば

夫「その人の分も買っておきなさい」

いくらいいのよといってもダメ。

仕方なく買ったがその後お互い気分を害して

車の中は沈黙。

一緒に買い物に行くとこのパターン。

これも私の買い物嫌いの一因?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心配しちゃった

       2010年8月9日(月)

         けふのうた

    秋立ちてやや控えめに蝉の声

秋を過ぎたせいか曇り空でじりじりした日射しはなかった。

その割には暑いなあ~と思ったら

扇風機をつけていなかった。

なくてもいいほどってことだよね。

涼しいうちにと朝早く畑仕事に出て行った夫が1時過ぎても帰ってこない。

いつもお昼にはきちんと帰ってくる人なのに・・・・

今日に限って用意した朝ごはんも食べてない。

もしかしたら畑で具合でも悪くなっているんじゃ・・・?

携帯は置いてあるし・・・

意を決して行ってみようと自転車を出したところに帰ってきた。

仕事が多すぎて終わらなかったようだ。

いつもきちんとしている人だからちょっと心配してしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

せめて・・・

       2010年8月8日(日)

         けふのうた

    朝晩に涼風生(あ)れて秋立ちぬ

  ♪~風立ちぬ~今は秋~♪

日中は相変わらず暑いが高原はようやく朝晩涼しくなってきた。

立秋ときいたとたんに虫の声に気がついた。

それでも日中畑仕事なんていう気にはなれないから夫は昨日も前に畑にご出勤。

9時前には

大きなポリバケツいっぱいの枝豆

2,30本のぶっと~~~いキュウリ

を収穫して帰ってきた。

自家製野菜は鮮度抜群でうれしいが

採れ過ぎがねえ・・・

だがそこはぐっとこらえて

「大収穫だねえconfidentと迎える。 

枝豆は知り合いに配り

ぶっといキュウリはピクルスに。

まったく手伝わないんだから

せめて出来たものは無駄にしないようしなくちゃね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キケンな兆候

       2010年8月7日(土)

         けふのうた

    忘れしを忘れてしまへば事もなし

このごろ頭の中がふわっとした感じがする。

連日の暑さのせいなのか、それとも・・・?

ついさっきの記憶がない。

先日も前夜夫と話してカレンダーに書いたことが翌朝訂正になったことがあった。

そのまま忘れていればよいものを夕方突然思い出してしまった。

カレンダーを見ればはっきり書いてある。

慌てて手配してほっとしたところに夫が帰ってきたので報告すると

「今朝、取りやめにしたじゃないか!」

「えっ、そうだっけ?」

そういわれればそんな気も?(;ω;)

でも正直はっきりとした記憶がない。

こうやって少しずつ記憶力が衰えていくんだね。

お年寄りはよく昔のことはよく覚えているが直前の記憶がないとか。

朝のことは覚えていた夫だが3日前に言われた今夜予定の飲み会を忘れていた。

幸い私がメモったからよかったが・・・。

そのうち両方が忘れたら・・・!!(゚ロ゚屮)屮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子の情

        2010年8月6日(金)

          けふのうた

       浅間嶺は入道雲の夏衣装

昨今、100歳以上の親の生存の有無を子供が知らないということがあちこちで起きている。

そんなことってあるの?

と思ったが案外ありうるんじゃないかと思い直した。

私自身家族への帰属意識が薄かった気がする。

よく言えば自立心が強かったともいえるが

わがままを言ったりして素直に親に甘えた記憶がない。

子供心に甘えてはいけないという意識が強く感情を抑える癖がついたようだ。

そのため肉親の情愛がまともに育っていないのかもしれない。

18才で家を離れたときも寂しいという感情はまったく湧かなかった。

むしろ解放感が強く夏休みまで家には帰らなかったし自分からあまり連絡もしなかった。

就職してからも結婚してからもそうだ。

母もそういう娘の気質を知ってか必要最小限の連絡しかしてこなかった。

そしてさっさと逝ってしまった。

「子を持って知る親の恩」というが

子を持たなかった私は情を育む機会も逸し精神的に欠落しているのかもしれないと思うこと頻りである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

干からびた?

       2010年8月5日(木)

          けふのうた

    秋という言葉だけでもあらまほし

立秋まではいくら暑くても文句は言えないか。

だってなんだもの。

とはいえ

ア~~~ジ~~~イ~~~ッ!!

           ★

では気を取り直して筋トレ17ヶ月報告

7月は夏バテならぬ夏ダレ?で7回しか行かなかった。

おまけに暑いからウォーキングもサボり気味。

とくれば・・・・

ただでさえ肉のないお尻が一段と小さくなったような・・・?

計測の結果すべての部位が1センチダウン

おかげで体形年齢もダウンして久しぶりに

29才~~~~( ̄ー ̄)ニヤリ

でもこれって

ただ干からびただけじゃない??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

幽霊

        2010年8月4日(水)

          けふのうた

       朝風に青朝顔のなほ涼し

日中は相変わらずの蒸し暑さだが昨夜はようやく涼しい風が吹いた。

そんな晩に限って窓を開けて寝たので明け方肌寒かった。

ようやく落ち着いた夫のお腹もまたまた夜中から不調だとか。

暑くても涼しくても具合が悪くなる。

ちょっとした気温変化にも体がついていけなくなるってことは明らかに老化よね。

老化といえばこのところ生きているはずの100歳以上の高齢者の存在が不明だという。

天涯孤独というのなら分かるが子供がいても、さらに家族と同居していても( ゚д゚)ポカーン

まさに現代の怪奇現象~~?!

それほどまでに人間関係は希薄になっているってことなのだろうか。

このニュース、他人事ではない。

私たちも残った一人はどうなることやら。

早々用意したお墓にも入れないでさまよう幽霊に?

やっぱり早く逝った者勝ち?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

幻の時

       2010年8月3日(火)

         けふのうた

    幻の時間(とき)を求めて友と会ふ

学生時代のOGOB合唱団の合宿のお知らせが来た。

2000年に結成され数年前から2年に1回定期的に現役との合同コンサートをしている。

前回からもう2年?

このところ月日の経つのが速いこと速いこと!!

友達に連絡を取ってみるとこの2年の間に親御さんの介護などの新たな課題が出てきている。

私みたいに呼ばれればホイホイと出て行けるなんてありがたいことなのだ。

参加できるうちに行っておかなくちゃ。

それにしても若いときの友達ってありがたいよね。

会えばいつでもその時に帰れるんだもの。

ただあくまでも幻想なのよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エアコン要るかな?

        2010年8月2日(月)

          けふのうた

     夕風のかそか生まれて萩揺らす

きょうは1日雨

と思ったら止んでしまった。

気温は少し下がったが湿度80パーセント。

部屋の中は余熱と湿気で結構暑い。

久しぶりに夫を車で送ったきた。

出張から帰って以来体調不良。

暑い中畑仕事に精出しお腹を壊した。

彼は手術で大腸が短い。

汗が冷えてお腹を壊す。

頑固者で女房の忠告を聞かない。

ゆえに治らず。

これから先今年のような夏がずっと続くようになり、退職してずっと家にいなくてはならなくなればやはり

エアコンは必需品?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

八朔墓参

        2010年8月1日(日)

          けふのうた

八月は鎮魂の月 それぞれがそれぞれの思ひ込めて額づく

日間の夏休みの宿題は

  草 取 り ~

最終日の早朝は霊園に向かった。

この辺りではお盆にお墓参りをせず8月1日にする。

不思議な習慣だと思っていたら最近由来知った。

その昔、8月1日に大洪水に襲われたくさんの人が亡くなった。

そのときの死者の霊を慰めるということでこの日にお墓参りをするようになったそうだ。

我が家の墓地は十何年か前にできた公共霊園にある。

当然まだお墓はない。

ここもしばらくはお墓が少なかったが最近は霊園らしく?なった。

両隣はすでに墓石がすえられているが最近後ろにも立派なお墓が建った。

その大きなお墓に寄り添うように少し古いお墓が並んでいる。

狭い敷地なので不思議に思って墓誌を見ると

昭和20年 ○○ ブーゲンビル島にて戦死。享年39才。

平成20年 妻○○ 享年95才。

終戦間近に妻子を残して逝った夫。

若くして未亡人となり子供を育てあげて夫の分まで生きた妻。

そんな両親のためにりっぱなお墓を立てた息子。

新しい霊園にもそれぞれの歴史が刻まれている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »