« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

悪化?

      2012年5月30日(水)

昨日は約2ヶ月ぶりの定期検査。

先週立て続けに外食で天麩羅をいただいてしまったけど

全体的に見れば

さほどムチャな食生活はしなかったので

前回とそれほど変わってはいないはずだけど・・・

と思いながら覗くと

ええーーーっ!?

HbA1c 6、5

実はこれでも

前回とまったく同じなのだ。

今回からWHOの基準に沿った表記になって

日本の検査数値に0、4を加えた数値になった。

何だか悪化した気分(ノ_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若作り?

    2012年5月28日(月)

雨の中お昼前にジムに行くと

同じ時間帯に来るオネエサンに久しぶりに会った。

名前も知らないのだが何となく気があって話をする。

彼女は大分ふっくら体形。

私は痩せ型。

クールダウンのストレッチをしながら

オネエサンいわく

「やっぱり細いと若く見えるわねえ。

オタク、私の半分くらいの年でしょう?」

「はあ~!?」

「だって、30代でしょ?」

「お世辞にも程があるわよ。

1000メートルも離れれば見えるかもしれないけど・・・。

ところで、そういうオタクは?」

「去年から年金よぉ」

「なら、そんなに違わないわ、よ。」

「まあ、47なの?」

えっ?Σ(゚д゚;)

彼女はふっくらしていてシワがない。

人は得てして自分の気にしているところに目がいきやすいから

私の顔のシワには気がつかないのかも?

先に着替えてくると

「やっぱり30代に見えるわよぉ」

確かにきょうはお下げにしていたし

頭は30代で止まっているが

顔の経年変化は如何ともしがたい(ρ_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫には・・・?

      2012年5月27日(日)

昨日は今年初めて山の畑に行ってきた。

前夜ツレが

「どうしてもイヤじゃなかったら人参の種まきしてくれるかい?」

こんなに下手に出られたらいくら鬼嫁でも

「まあ、敢えてしたいってわけでもないけど・・・いいわよ

行ってみると畑全体が高さ1.8メートルの鹿避けネットで囲まれている。

何事にも手を抜かないツレの仕事らしく

お見事ーー(*゚▽゚)ノ

昨年よりさらに進化して

どこから入るのかも分からないほど。

これなら今年の収穫は間違いなしヽ(´▽`)/

入り口を開けてもらって

まずはジャガイモのテントウムシ退治。

これがなかなかの曲者で

近づくとコロッと落ちて姿をくらます。

見つけたヤツは容赦しなかったのに

しばらくすると

見終わったはずのところにいるではないか(゚Д゚)ハァ?

なかにはずうずうしくもランデブーしているヤツも凸(`Д´メ)

いくら囲っても

虫は無視?ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異変?

     2012年5月25日(金)

天気予報が当たって午前中から時折

2、3日前にツレから野菜の苗を

 今   日

買うようにいわれていたので行ってきた。

明日植えるにはちょうどいいお湿り。

その前に先日トイレに流した車のスペアキーを取りに。

これを機に?

車を買い替えることにしたので

実際はもういらないのだが・・・

危ないから作るようにとツレの命令。

このところ不祥事続きで

私の信用は地に落ちた(u_u。)

今朝、ツレの出勤を見送りに玄関まで行くと

急に頭がクラッとして

思わず壁に寄りかかった。

もしかしたら、何か異変が・・・?

不祥事もそのせい(・_・)エッ....?

いや

たんなる年のせい┐(´-`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へばる

        2012年5月24日(木)

昨日、今日と

私にしてはよく働いているψ(`∇´)ψ

普段は運動以外、外に出ることはないのに

昨日は

ワラビ採りと菊の植え替え

今日は

水仙の植え替えと家の前の道路掃除

結構な時間外に出ていた。

普段日に当たらない人が日を浴び

さらに

性格上、休みながらボチボチともできず。

結果

へばることへばること┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

幸い先ほどお隣さんからお赤飯の差し入れ。

お昼まで待てず即座に半分いただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チュンすけ(つづき)

      2012年5月23日(水)

先週の土曜日に保護した

「チュンすけ」

ツレの手厚い世話?で一晩ダンボールベッドで過ごして

翌朝も元気でした。

親鳥が心配しているだろうとダンボールごと玄関先に出してやると

自力でダンボールの外に。

そのままにしておいたらいつの間にやらいなくなっていました。

家の周りを探しても姿が見えません。

もしや、鴉にでも・・・?

もしそうだったとしたら

外に出さない方がよかった・・・(;ω;)

あれこれ思いましたが

まあ、

飛び立ったと思うことにして・・・

たった一夜のはかない縁でしたが

野鳥の世話は初めての体験。

これって、

もしかしたら

おにいちゃんの計らい?

ダンボールに一枚の羽が残っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥土の土産?

        2012年5月21日(月)

見ましたか?

金環日食!!

マスコミで大騒ぎするほど興味もなかったが

朝起きてみると心なしか外の光が弱い。

すでに日食は始まっていた。

TVで見る方が目も傷めずはっきり見えるからいいよね、

と何も準備もしていなかったが

いざ時間が近づいてくると

せっかくの機会を逃すのもねえ・・・

直接見るのは危険と盛んに言っていたが

やっぱりチラッと見てしまう。

日食グラスがない場合はピンホールでもというから

紙に錐で穴を開けると小さいながらくっきりと見える。

どうせならひとつよりはといっぱい穴を開け

しばし世紀の天文ショーを楽しんだ。

もう生きている間にはお目にかかれないから

冥土の土産だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チュンすけ

   2012年5月20日(日)

きのうは今年初めての「子供自然探検隊」。

また新しい出会いである。

ここ2,3年は募集数と応募数がほぼ同数だったが

今年は活動を宣伝した効果か

応募が多くて抽選となって涙を呑んだ子も多数出た。

1、2年生が多いので足慣らしということもあって浅間1000メートル林道沿いに

日本最古の落葉松人工林、畜産草地研究所を訪ねて歩き

最後に町民の森にアサギマダラの食草のフジバカマを植えて帰って来た。

1日中、陽に晒されてかなり疲れた。

帰って一休みして目を覚ますと

ツレが「雀の子が巣から落ちている」という。

玄関先の階段の隅でチュンチュン鳴いて親を呼んでいる。

屋根の上では親鳥がしきりに子供を呼んでいる。

こういう状況を見過ごせない性質のツレは

何かと心配そうだが

私はというと口であれこれいうだけで

藁を敷いた寝床を用意したり注射器で水をやったりと動くのはもっぱらツレ。

だが、今朝はにぎやかな雀の声で目を覚まし

寝起き一番で玄関の段ボール箱を覗いて思わず

「おはよう~チュンすけ」(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のさくら

       2012年5月17日(木)

おにいちゃんとお別れして2週間。

ようやく少し慣れましたが

煮干の袋を開けてもおにいちゃんが来ないことに

いなくなったことを実感する日々です。

さて、おにいちゃんがまだ元気だった2月に練習を始めた

幻想曲「さくらさくら」

初めて先生に見てもらいに行ってきました。

あっという間に3ヶ月。

待ちに待ったさくらもとうの昔に散り

もうすっかり青葉の季節

かなり練習したけどやっぱり初回では合格とは行かず

お持ち帰り~~(;ω;)

この調子だと

汗を拭き拭き

♪さくら~~さくら~~♪??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの教訓

     2012年5月8日(火)

おにいちゃんショックで

ぼんやりしているのか?

単なる老化か?

今日は情けないことに・・・

朝、溜まったプラスチックゴミを出しに行こうと

車のキーを掴んで出た。

地下室に行ってみると2袋で手に持っていけたので

ガソリン節約と運動のためそのまま歩いていった。

キーは前掛けのポケットの中に。

帰ってくるとお客様の来る時間が迫っていて

お茶の用意をしたりしてキーのことはすっかり忘れてしまった。

お昼前お客様を見送ってその足でトイレに。

水を流して振り向いた途端

ポッチャ~~ン??

キーがトイレに・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

慌てて拾おうとしたが

時すでに遅し。

教 訓

振り向いて よく確かめて 水流せ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙ボロボロ

         2012年5月7日(月)

キョーフの9連休が終わりました。

でも、

バンザ^ーイヽ(´▽`)/

という気分ではありません。

ノビにいちゃんが

逝ってしまいました(´;ω;`)ウウ・・・

享年12歳。

逝く5日ほど前からまったく食べなくなっていたので

近いとは覚悟していましたが

2日から4日の間は私が留守にするので

せめてその間は無事でいてほしいと

1日の夜、点滴をしました。

でも、3日深夜

私の帰りを待たずに逝ってしまいました。

この冬はずっとツレと寝ていて私のところには来なかったのに

逝く3日前から続けて私と一緒に寝てくれました。

きっとお別れの予告だったのでしょう。

最後の食事は大好きなハチミツヨーグルトをぺろぺろ舐めたそうです。

最期に飲まず食わずでなかったことがせめてもの救い。

5日にお母さんと妹のそばに埋めてあげました。

今頃天国で楽しく過ごしているでしょう。

これで6人の子供たちがみんな逝ってしまいました。

涙ボロボロ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »