« 連休前半 | トップページ | 魚沼帰省(2) »

魚沼帰省(1)

     2013年5月4日(土)

キョーフの9連休も後半。

2日午後から魚沼の実家に行ってきた。

モチロン私一人で

久しぶりに上信越道、関越道をぶっ飛ばして

八風トンネルを抜けると柔らかな若葉と山桜の淡い桜色が目に飛び込んでくる。

さらに下るとどんどん若葉の色が深くなり

時折満開の山藤の房が風に揺れている。

ゆっくり眺めたいが運転していてはそうもいかない

関越に入るとハンドルが取られそうなくらい風が強く、

上越県境に近づくと

季節は初夏から春の初めに逆戻り?

関越トンネルを出ると木々はまだ芽吹き状態だ。

山の斜面に点在する山桜が碓井の桜より心なし濃く感じる。

八海山の麓の実家に近づくと

まだほとんどの木々が芽吹き状態の中

雪国で一番早い尾根のブナの若葉が美しい。

風はまだ冷たく桜も散り始めたばかり。

信州の桜は満開で雪に遇い

続く強霜であっという間に散ってしまったから

この春2度目のお花見だね。

      つ づ く

|

« 連休前半 | トップページ | 魚沼帰省(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚沼帰省(1):

« 連休前半 | トップページ | 魚沼帰省(2) »