« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

今年もありがとう

     2013年12月31日(火)

木々のシルエットが

今年最後の夕明かりの中にくっきりと浮かんでいます。

あと数時間で今年も終りです。

またまた一週間ぶりの

今年最後のブログです。

振り返ると今年最大の出来事は

舌の手術

そしてその後の不調。

食べることが苦痛になるなんて・・・。

ドクターからは事前になんとも言われていなかったから

こんなになるとは想定外。

これから先もしばらくはこの不調と付き合っていかなければならない模様。

来年はある占いでは中殺界とか。

今年はその前ぶれだった?

エネルギーが落ちて物事がうまくいかないらしい。

年齢的にもそんな年かも。

来年は静かに静に暮らしましょう。

皆様には明るい年でありますように。

来年もよろしくお付き合いくださいませm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝夕同じ?

     2013年12月23日(月)

世の中3連休で今日もお休みという方もおありでしょうが

我が家は通常営業。

おまけにツレは夕食なしということで

今日は食事の心配もなし(◎´∀`)ノ

1日の食事で私が美味しく感じられるのは

悲しいかな

朝 食 の み!!

メニューは毎日同じ。

具沢山ホットサンド

カボチャとコーンのポタージュ

バナナ、リンゴ、ブロッコリー、ヨーグルト、ミルクのスムージー。

特に甘くて冷たいポタージュとスムージーのなんて美味しいことlovely

朝を迎える幸せを感じる。

いわゆる食事はまだいまひとつ美味しく感じないが

まあ、義務とリハビリということで・・・

ランチは一人なので簡単に済ませるが

夕食はそれなりに作らなくちゃね。

作った段階で食欲は失せているが

食べないと夜中に空腹で目が覚めるし

ツレがうるさいので少しは食べる。

でもやっぱり味はイマイチなのよねえ。

幸い今日の夕食はひとり。

昨日のおでんがいっぱいあるけど

朝食と同じメニューにするかな?

スムージーの代わりにワインを添えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛いね!

    2013年12月17日(火)

今日は1日曇り空だったから暖房はつけっぱなし。

私一人なんだからどこかへ出かけたほうがエコだね。

連日病院ネタで申し訳ないが

先週のドックに引き続いて

昨日は乳腺外科で年に一度の継続観察の診察。

今年はいつものエコーに加えてマンモも。

これで3回目だが初めてのときは男性の技師で

世に言われるほど痛くは感じなかった。

2度目は女性技師。

前回の痛みの3倍くらいは痛かった。

「噂どおり痛いですね」

というと

「女は遠慮はしませんからね」

やっぱり男性技師は遠慮があったかな?

今回も女性技師。

予想通り

痛いこと痛いこと(ノ_≦。)

なけなしのオッパイがせんべいのようにつぶされ

4枚撮るはずがシッパイして6枚の撮影になったから

痛さも予定の1.5倍。

幸い悪いものは何も見つからなかったけど・・・。

次は3年後ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉱山?

       2013年12月15日(日)

あっという間に師走半ば。

いよいよ本格的な寒さ到来で

今朝は雪かと見紛うばかりの分厚い霜で真っ白。

このところ二日続けて

ふたご座流星群☆

にトライしているが

いずれもうす雲にさえぎられてザンネン。

でも明け方にものすごい流星の夢を見たから

これで見たってことかな?

ところでみなさん

「すいせき」

ってご存知?

漢字で書けば

「膵  石」

文字通り「膵臓にできた結石」

13日の金曜日(イヤな予感がしたのよねbearing

の人間ドックで発見された。

数年前に「胆石」が見つかり、以来経観察しているが

こちらも年々数、大きさともに見事になっていく感じ。

30年来の乳房のしこりもあるし

新たに「膵石」まで加わって

まるで「人間鉱山」ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除

     2013年12月6日(金)

つい最近お正月だったと思ったらもう12月。

年を取ると自転スピードが増すように感じるんですね。

12月といえば大掃除

普段できる限り手を抜いている

掃除キライのワタクシとしては

年に一度の一大イベント。

本日は照明器具、ならびに壁、鴨居。

とここまで書いたのは月曜日。

それがあっという間に金曜日。

モチロンその間大掃除は中断。

障子張りがすめばもうこっちのもの。

もしかしたら

このまま中断かもね~(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »